[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

歴史的ジャパンCに海外メディアも熱視線「東京の街から人はいなくなるだろう」

競馬のG1ジャパンカップ(東京・芝2400メートル)は29日に発走となる。今年は18年の牝馬クラシック3冠を含め、G1通算8勝のアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝)、牡牝の無敗クラシック3冠馬コントレイル(牡3、栗東・矢作)とデアリングタクト(牝3、栗東・杉山)が参戦し、史上空前の盛り上がりに。海外記者もこの一戦に注目している。

アーモンドアイ【写真:Getty Images】
アーモンドアイ【写真:Getty Images】

アーモンドアイVSコントレイルVSデアリングタクトを豪メディア特集

 競馬のG1ジャパンカップ(東京・芝2400メートル)は29日に発走となる。今年は18年の牝馬クラシック3冠を含め、G1通算8勝のアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝)、牡牝の無敗クラシック3冠馬コントレイル(牡3、栗東・矢作)とデアリングタクト(牝3、栗東・杉山)が参戦し、史上空前の盛り上がりに。海外記者もこの一戦に注目している。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 海の向こうからも今週末の府中のターフには熱視線が注がれている。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの新旧の牡牝クラシック3冠馬がそろい踏みする一戦。豪競馬専門メディア「レーシング.com」公式サイトでカール・ディ・イオリオ記者は「3冠馬トリオがジャパンCの主役だ」と見出しを打って記事を掲載した。

「今年のジャパンCを一文で言い表すことができるか? できないだろう。たとえ2000語を使っても良いと言われても、まだまだ足りないはずだ」

 このように、レースの価値を強調したイオリオ記者。一方で「日曜に開催されるレースの重要性を説明することに挑戦したいと思う」とし、「他の年の活躍を見れば、本来ならアーモンドアイがジャパンCの主役となるだろう。しかし、そこに無敗の3歳馬であるコントレイルとデアリングタクトが加わる」と構図を説明している。

 記事ではコントレイルとデアリングタクトが今年、牡牝のクラシック3冠を無敗のまま制した戦績を挙げ、アーモンドアイに挑むことを紹介。そのほかの出走予定馬の顔ぶれに触れた上で「このレースを見るために東京の街から人々はいなくなるだろう。通常なら10万人を超える観衆がいるが、今回は制限される。歴史的なレースを目撃できる観衆たちは信じられないほどラッキーである」と伝えている。

 アーモンドアイはこのレースで引退を表明しており、無敗の牡牝3冠馬が激突するのも史上初。発走が今から待ち切れない。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集