[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「史上最高」の神生還― 今季NO1選出、あの“捕手越えダイブ”に冷めない衝撃

「史上最高」の神生還― 今季NO1選出、あの“捕手越えダイブ”に冷めない衝撃

今季も数々の名プレーが生まれた米大リーグ。打つだけでなく、走るシーンにおいてもスーパープレーが誕生したが、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」がNO1の“神生還”を選出。ホームベース3メートル以上前から宙を跳び、当時は「ベースボール史上最高」のプレーと呼ばれた、あの“捕手越え生還”が選ばれ、動画付きで紹介されている。

ブルージェイズ・コグランの“捕手越え生還”が米サイト「仰天走塁10傑」で1位に選出

 今季も数々の名プレーが生まれた米大リーグ。打つだけでなく、走るシーンにおいてもスーパープレーが誕生したが、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」がNO1の“神生還”を選出。ホームベース3メートル以上前から宙を跳び、当時は「ベースボール史上最高」のプレーと呼ばれた、あの“捕手越え生還”が選ばれ、動画付きで紹介されている。

 その瞬間、確かに彼は空を飛んだ。「2017年シーズン、仰天級の面白いスライディング・トップ10」1位に輝いたのは、ブルージェイズのクリス・コグランだ。

 4月26日の敵地カージナルス戦の7回だった。1死一塁。ピラーが右翼フェンス直撃の打球を放った。右翼手ピスコッティはフェンス際でジャンプしたが、捕球できずに体勢を崩した。その間にボールは大きく跳ね返り、戻ってきた。これを見て、一気に加速したのが一塁走者のコグランだった。

 二塁を蹴って三塁。さらに三塁も蹴った。しかし、ピスコッティも体勢をすぐに立て直し、10メートル近く転がったボールを追って拾い上げると、勢い良く右腕を振り抜いた。矢のような送球はバウンドしながら捕手モリーナのもとへ。ホームから2メートルほど離れた三塁線上で捕球。その瞬間、突っ込んできたコグランは目の前にいた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー