[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

正念場の48歳葛西紀明を独メディア特集 キャリア32年「別の時代から来た飛ぶ恐竜だ」

22年北京五輪で前人未踏となる9度目の出場を目指すスキージャンプの葛西紀明(土屋ホーム)は来週にポーランドのビスワで開幕するワールドカップ(W杯)の遠征メンバーから外れている。五輪プレシーズンを戦う48歳についてスキージャンプの強豪・ドイツメディアがクローズアップ。正念場に立たされた現状とともに、キャリア32年の足跡を「フライング・ザウルス(飛ぶ恐竜)」などと表現して紹介している。

葛西紀明【写真:Getty Images】
葛西紀明【写真:Getty Images】

北京五輪プレシーズン、W杯開幕戦メンバー外を受けて特集

 22年北京五輪で前人未踏となる9度目の出場を目指すスキージャンプの葛西紀明(土屋ホーム)は来週にポーランドのビスワで開幕するワールドカップ(W杯)の遠征メンバーから外れている。五輪プレシーズンを戦う48歳についてスキージャンプの強豪・ドイツメディアがクローズアップ。正念場に立たされた現状とともに、キャリア32年の足跡を「フライング・ザウルス(飛ぶ恐竜)」などと表現して紹介している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

「カサイ、W杯遠征メンバー外に 日本、スキージャンプ・ザウルスの時代を終わらせる」

 こんな見出しで葛西をクローズアップしたのは、ドイツのニュース専門チャンネル「n-tv」だった。「ノリアキ・カサイは50歳になってもスキージャンパーとして飛ぼうとしているが、母国の連盟は48歳の信じられないキャリアをひとまず止めた。しかし、これが終わりにはならない」と紹介し、現状と功績を取り上げている。

 記事ではW杯開幕戦でメンバーから外れたことに触れ、「長らく予想されてきたとはいえ、それが現実のものとなり人々は驚愕している」と言及。数々の歴史を打ち立ててきた48歳について「日本のスキージャンプ・レジェンド」と紹介し、32年のキャリアでW杯出場569試合、五輪で3個、世界選手権で8個のメダル、W杯通算17勝という足跡も転換点を迎えていると指摘した。

 一方で、その功績についても言及。「カサイが初めてW杯に出場した時、まだベルリンには壁があった。そして、まだスキー板を並行にして飛んでいた。カサイは別の時代から来た“フライング・ザウルス”なのだ」。88年12月札幌大会でW杯デビューした当時と現在を比較し、今なお飛び続ける葛西について「フライング・ザウルス」と評している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集