[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界1位は伊達じゃない クールな“20m絶妙パット”に米喝采「最高」「衝撃的だ」

米男子ゴルフのヒューストン・オープンは8日(日本時間9日)、最終日が行われた。63の猛チャージを見せた松山英樹(LEXUS)と並んで、2位だったのは世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)だ。こちらも65の好スコアをマークし、来週のマスターズへと弾みをつけた。PGAツアーは11番で18.5メートルの超ロングパットを決めるシーンを動画付きで公開。米ファンからは「世界1位は伊達じゃない」「彼のパッティングは異常だ」などと喝采が起きている。

ダスティン・ジョンソン【写真:AP】
ダスティン・ジョンソン【写真:AP】

松山と並ぶ2位で終えたジョンソンの絶妙なパットに脚光

 米男子ゴルフのヒューストン・オープンは8日(日本時間9日)、最終日が行われた。63の猛チャージを見せた松山英樹(LEXUS)と並んで、2位だったのは世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)だ。こちらも65の好スコアをマークし、来週のマスターズへと弾みをつけた。PGAツアーは11番で18.5メートルの超ロングパットを決めるシーンを動画付きで公開。米ファンからは「世界1位は伊達じゃない」「彼のパッティングは異常だ」などと喝采が起きている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 これが世界一のパットだ。11番パー3。カップまでの距離は18.5メートルもあったが、ジョンソンは狙っていた。慎重に構えたパターが押し出したボールはまっすぐに転がり、わずかにスライスするラインに完全に乗った。

 10メートル、5メートル、3メートル、1メートル……。そして中央からカップに転がり落ちた。完璧タッチのバーディー。それでもジョンソンはにこりともしない。クールに右手を上げて応えるのみ。貫録の姿だった。

 PGAツアーはジョンソンの完璧パットを「DJがダウンタウンから」とつづって動画を公開。これに米ファンからは「マスターズの勝者だ」「まるで、なんでもないことみたいに振る舞ってる」「めちゃめちゃ冷静だな」「最高」「彼のパッティングは異常だ」「衝撃的だ」「世界1位は伊達じゃない」などと称賛が続々と集まっている。

 米ツアー通算21勝を誇る、屈指の飛ばし屋もマスターズにはまだ縁がない。異例の秋のオーガスタで悲願を達成する準備はできている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集