[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

四大大会のシード数が19年から「16」へ半減 初戦で「錦織VSフェデラー」も?

テニスのグランドスラム(GS)委員会は21日、2019年から同大会のシード数を現行の「32」から「16」に削減することで合意した。このフォーマットに当てはめた場合、右手首の故障でツアーを欠場し、世界ランク22位となった錦織圭(日清食品)はシードにならず、初戦から猛者と戦わなければならない。GSの勢力図を大きく変える可能性もあるシード権の半減について、世界ランキング2位のロジャー・フェデラー(スイス)は独自の見解を示している。米経済紙「フォーブス」が報じた。

シード数が「32」から「16」へ変更…フェデラーは歓迎「興味深いところ」

 テニスのグランドスラム(GS)委員会は21日、2019年から同大会のシード数を現行の「32」から「16」に削減することで合意した。このフォーマットに当てはめた場合、右手首の故障でツアーを欠場し、世界ランク22位となった錦織圭(日清食品)はシードにならず、初戦から猛者と戦わなければならない。GSの勢力図を大きく変える可能性もあるシード権の半減について、世界ランキング2位のロジャー・フェデラー(スイス)は独自の見解を示している。米経済紙「フォーブス」が報じた。

 GSのシード数が16となれば、2001年以来のこと。これにより、ランキング上位のスター同士が4回戦前に激突する機会が増加し、四大大会の熱気を高める効果が見込めるだろう。

 記事によれば、この制度変更についてGS優勝19回を誇るフェデラーは、「自分が初めて優勝を経験した頃の、元に戻ったようだね。16シード制になることはたしかに興味深いところだ。32シード制には問題があったよ。マスターズ1000のイベントでは、不戦勝になるシード選手が8人もいたぐらいなんだからね」と話したという。

 今季全豪オープンとウィンブルドンで優勝を飾ったフェデラーは、制度改正を歓迎しているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集