[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥へ挑戦状 試合枯れリゴンドーが切実な訴え「忘れるな、俺が今も王者だ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。鮮烈な印象を残したモンスターに対し、WBA同級正規王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が自身のツイッターで挑戦状を送っている。

ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】
ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】

試合の決まらないリゴンドーが井上を挑発「お前がスーパーバンタムに逃げるなら…」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。鮮烈な印象を残したモンスターに対し、WBA同級正規王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が自身のツイッターで挑戦状を送っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 文句なしのベガスデビューだった。井上は6回に初めてダウンを奪うと、7回終了間際にカウンターで鮮烈な右ストレートを一閃。挑戦者マロニーを豪快にマットに沈めた。

 1年ぶりの実戦を飾り、4団体統一へ弾みをつけた井上に対戦の意欲を示したのは五輪で2大会連続金メダルのテクニシャン・リゴンドーだ。井上が上位のベルトを持つWBA王者は試合後にツイッターを更新。井上が勝ち名乗りを上げる写真をリツイートする形で、「お前が次戦で対戦したくない相手は誰か、みんなが知っている」と意味深に記している。

 さらに「俺は118(ポンド=バンタム級)の全てのベルトを手に入れることができる。お前がそのうちの一本でも手に入れる前にな。もし、お前がスーパーバンタムに逃げるのであれば、俺は自分の正当な王座を防衛する。忘れるな、俺が今も王者だ」と続け、息巻いている。

 以前から井上に対してラブコールを送り続けているリゴンドー。井上は4団体統一を掲げており、WBC、WBOのベルトを優先する意向だが、果たして2人が拳を交える瞬間は来るだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集