[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の「オッズ1.08倍は笑えてくる」 米記者が早期KO予想「4回以降に行かない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、31日(日本時間11月1日)にWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。決戦への熱が高まる中、米メディアは「試合は4回以降に続くことは期待しない方が良い」「ドネア戦とは程遠いものになる」と注目している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

米記者が井上尚弥の必殺ボディーに注目「多くのボクサーの安全圏から着弾させる」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、31日(日本時間11月1日)にWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。決戦への熱が高まる中、米メディアは「試合は4回以降に続くことは期待しない方が良い」「ドネア戦とは程遠いものになる」と注目している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

「ナオヤ・イノウエが米国へやってくるが、彼は超恐ろしい」の見出しでモンスター襲来を伝えているのは、米メディア「デフェクター・メディア」だ。米国各紙に記事を寄稿した経歴があり、現在は同メディアで記者を務めるローレン・シーセン氏が井上に関するコラムを執筆。試合展開についてこう記している。

「もしもイノウエが評判通りならば、試合が4回以降に続くことは期待しない方が良い。試合の時間と場所は、パウンド・フォー・パウンド(PFP)でトップ10の他の選手と比べると、米国人にとってイノウエを神秘的なものにする。イノウエのKOは興味を持った視聴者を引き付け、世界中で新たなサポーターを獲得した」

 最も権威ある米専門誌「ザ・リング」の最新PFPで2位につける井上について、こう評価した。決して侮れないマロニーだが、同記者は4回以内で決着することを予想しているようだ。

 さらに井上について「イノウエのKOは私情的でありながら、乱れている感覚を同時に味合わせるようなリズムを奏でる」と独特な表現で説明。「イノウエのボディーパンチは相手を大いに痛めつけてきた。彼のサイズを考えると特にだ。そして重要なことに、彼はそれらのパンチを、多くのボクサーが安全だと考える距離から着弾させることができる」としている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集