[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に高まる本場の期待 4団体統一へ米記者が「彼の才能は関係ない」と話すワケ

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、31日(日本時間11月1日、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。1年ぶりの試合に臨むモンスターには本場・米国メディアからも熱い視線が注がれているが、現地中継局の「ESPN」は井上の今後の可能性を探っている。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

「イノウエは本物か」中継局のESPNが探る今後の可能性

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。1年ぶりの試合に臨むモンスターには本場・米国メディアからも熱い視線が注がれているが、現地中継局の「ESPN」は井上の今後の可能性を探っている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 3年ぶりの米国上陸、ラスベガスでのデビュー戦が目前に迫る井上について特集したのは米スポーツ専門局「ESPN」電子版。「リアルかそうでないか、ナオヤ・イノウエはバンタム級のベルトを統一できるだろうか?」とのタイトルで報じている。

 記事のテーマは「ナオヤ・イノウエは2021年に誰もが認めるバンタム級王者になれるだろうか?」というもの。これにESPNのボクシング専門記者ベン・ベイビー氏が持論を展開している。

「リアルだ。間違いなく、ナオヤ・イノウエは118ポンド(バンタム級)で世界最強の選手だ。イノウエの凄さは2019年のノニト・ドネア戦において、全てが詰まっていた。イノウエは4つの主要ベルトのうち、2つを保持している。現在はジョンリエル・カシメロとノルディ・ウーバーリが、イノウエが異論なき王者になることを阻止している形だ」

 井上を文句なくバンタム級最強と認めた上で、12月に開催されるウーバーリ―ドネアのWBC同級タイトルマッチの勝者との統一戦の可能性も認めている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集