[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥圧勝を断言 対戦流れた宿敵カシメロがマロニー戦分析「時間の無駄な楽勝だ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は31日(日本時間11月1日)にWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)戦を迎える。聖地ラスベガスで行われる一戦を、4月に対戦予定だったWBO世界同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が分析。「間違いなくイノウエのKO勝利」「単なる時間の無駄な楽勝」とモンスター圧勝を予想している。フィリピンメディア「ビジネスミラー」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

4月に対戦予定だったカシメロ「マロニーが勝てる兆しは何も見えない」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は31日(日本時間11月1日)にWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)戦を迎える。聖地ラスベガスで行われる一戦を、4月に対戦予定だったWBO世界同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が分析。「間違いなくイノウエのKO勝利」「単なる時間の無駄な楽勝」とモンスター圧勝を予想している。フィリピンメディア「ビジネスミラー」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 4月25日に3団体統一戦で井上と拳を交える予定だったカシメロ。新型コロナウイルスの感染拡大で、試合は延期に。これまで井上を挑発してきたフィリピン人ファイターだったが、ライバルの井上の次戦を占っている。

「マロニーがイノウエに勝てる兆しは何も見えない。ジェイソンが足を使わなければ、試合はイノウエ有利に終わる。だが、足を使って、リスクを冒そうとしないだろう。イノウエがハードパンチャーであることをわかっているから」

 記事によると、カシメロはこう語ったという。強打で知られる井上に対し、距離を取るマロニーの戦術を予想したが、いずれにしても、モンスター勝利は動かないとみている。

 カシメロは「これは彼にとっては単に時間の無駄な簡単なファイトだ」と語ったという一方でモンスターに対する挑発は忘れないようだ。

「メキシコ人のルイス・ネリやキューバのWBA正規王者のギジェルモ・リゴンドーのような多くの対戦相手が我々を待っている。彼ら(井上陣営)はパンデミックを試合を避ける理由に使っただけだ。オレらは彼らを追わない。単純にオレにビビっているんだろう」

 スーパーバンタム級転向という選択肢も示したというカシメロ。モンスターへの挑発姿勢は崩さず、マロニー戦の圧勝を予想していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集