[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「最強の中の最強」 マロニーは最大限の敬意「長い間求めていた」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦するジェイソン・マロニー(オーストラリア)。31日(日本時間11月1日)のタイトルマッチ(米ラスベガス)を前に井上を絶賛している。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦以来、約1年ぶりの実戦となる井上の試合勘の欠如について、マロニーは「イノウエのような男に限ってはない」と分析している。米メディア「スポルティグニュース」豪州版が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

ドネア戦以来1年ぶりのリング、不安視される実戦勘の欠如を対戦相手が否定

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦するジェイソン・マロニー(オーストラリア)。31日(日本時間11月1日)のタイトルマッチ(米ラスベガス)を前に井上を絶賛している。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦以来、約1年ぶりの実戦となる井上の試合勘の欠如について、マロニーは「イノウエのような男に限ってはない」と分析している。米メディア「スポルティグニュース」豪州版が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で4月に予定していたジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が中止となった井上。2020年待望の初戦が約1年ぶりの実戦となる。一方で、6月25日に米ラスベガスでレオナルド・バエズ相手に7回TKO勝ちを収めているマロニーだが、“1年ぶり”はモンスターの不安材料にはならないと見ている、

「イノウエの試合勘が錆び付いている? そうはならないと思う。そういうファイターもいる。大打撃を受けたり、違反をしたり、きちんとトレーニングをせずに、12か月間リングから離れていたら、完全に錆び付いた状態でリングに臨むことになる。だが、イノウエのような男に関しては、見た感じ、俺と同じような選手だ。1年中ジムにいるのが好きで、いいコンディションを維持し続ける。彼は常に練習し、向上にむけた努力をしている」

 米リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)3位に選出されている井上の日々の努力に敬意を評していたマロニーは「(試合勘は)大きな問題にならないと思うけど、時がくればわかることだ」と語ったという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集