[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田真凜、“曲違い”乗り越えた即興演技に海外ファンも感嘆「最もカッコいい瞬間だ」

フィギュアスケートの東京選手権の女子フリーが10日に行われた。本田真凜(JAL)がハプニングを乗り越えて、即興で滑り切った圧巻のアドリブ力に、海外のスケートファンも反応。「最も才能溢れるクイーン」と感嘆の声を上げている。

本田真凜【写真:Getty Images】
本田真凜【写真:Getty Images】

米記者も注目した機転に海外のスケートファンも反応

 フィギュアスケートの東京選手権の女子フリーが10日に行われた。本田真凜(JAL)がハプニングを乗り越え、即興で滑り切ったアドリブ力に海外のスケートファンも反応。「最も才能溢れるクイーン」と感嘆の声を上げている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 アクシデントを乗り越えた舞が海外で話題を呼んでいる。本田のフリー曲は映画「ラ・ラ・ランド」のはずだったが、リンクに鳴り響いたのはエキシビションの曲だった。不安そうな表情を浮かべながら審判席に近づいた本田。だが、そこから即興で演技を見事に構成。冒頭の3回転トウループ、連続ジャンプなど美しいスケーティングを披露した。

 失格危機を乗り切った本田に海外ファンも注目。ツイッター上では「史上最も才能溢れるクイーン。敬意を込めて呼ばせていただきます。それはマリン・ホンダ」「やばすぎる」「その場で全プログラムを即興でできる人間が誰がいるのか」「史上最もカッコイイ瞬間だ」「最高だ」などと反響が集まっている。

 2016年の世界ジュニアで優勝。一躍海外からも脚光を浴びた本田だが、日本国内のブロック大会で披露したアドリブ力は、米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏からも称賛されていた。フリーは93.66点。ショートプログラム(SP)を合わせて合計140.95点で7位に入り、11月の東日本選手権へ駒を進めた本田の機転に、海外ファンも称えている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集