[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、女子1500m初V 堂々の走りで力の差証明「日本一は通過点?そうですね」

東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権第2日が2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子1500メートル決勝では21歳の日本記録保持者・田中希実(豊田織機TC)が4分10秒21で初優勝した。

女子1500メートル決勝で優勝した田中希実【写真:奥井隆史】
女子1500メートル決勝で優勝した田中希実【写真:奥井隆史】

日本選手権第2日

 東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権第2日が2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子1500メートル決勝では21歳の日本記録保持者・田中希実(豊田織機TC)が4分10秒21で初優勝した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 田中は残り2周で先頭に立つと、一気にリードを広げた。自身が持つ日本記録には及ばなかったが、貫録の走りだった。レース後はオンライン会見に応じ「自分の決めていたテーマをしっかり達成できて、優勝とか狙っていた結果がついてきて本当によかったです」と喜んだ。

 残り900メートルと早い段階で仕掛けた。レースプランについては「従来のようなラスト300メートルとか、ゴールに近いところでスパートをするのは自分の持ちタイムとかを考えるとずるい感じがする。堂々とした走りで勝つことが自信になると思っていた。ラスト900メートルという手前で仕掛けることで、駆け引きになると思っていた」と説明した。

 田中の本命は5000メートルだが、7月に3000メートル(非五輪種目)で8分41秒35をマークし、福士加代子が保持していた日本記録を18年ぶりに塗り替えると、8月にも1500メートルで14年ぶりの日本新の4分5秒27を叩きだした。勢いに乗る21歳が初の日本一の座を手にした。

 初の日本一について「通過点か」と問われ「そうですね。来年から連覇を狙うことになる。ずっと勝ちを狙うのはどんどんしんどくなる。そのプレッシャーを越えながら選手として成長していきたい」と力強く宣言。3日の決勝で1500メートルとの二冠の期待がかかる。「800メートルでも機会を与えてもらっているので、勝つことにこだわりたい。1500より混戦が予想される。混戦の駆け引きを楽しみたい」と勝利を狙う。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集