[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳田中希実、女子1500mで初日本一 2位は高校生・米澤、昨年女王・卜部は4位

東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権第2日が2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子1500メートル決勝では21歳の日本記録保持者・田中希実(豊田織機TC)が4分10秒21で初優勝した。2位には高校生の米澤奈々香(仙台育英高)、昨年女王の卜部蘭は(積水化学)は4分16秒33で4位だった。

女子1500メートル決勝で優勝した田中希実【写真:奥井隆史】
女子1500メートル決勝で優勝した田中希実【写真:奥井隆史】

日本選手権第2日

 東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権第2日が2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子1500メートル決勝では21歳の日本記録保持者・田中希実(豊田織機TC)が4分10秒21で初優勝した。2位には高校生の米澤奈々香(仙台育英高)、昨年女王の卜部蘭は(積水化学)は4分16秒33で4位だった。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 田中は残り2周で先頭に立つと、一気にリードを広げた。自身が持つ日本記録には及ばなかったが、貫録の走りだった。

 田中の本命は5000メートルだが、7月に3000メートル(非五輪種目)で8分41秒35をマークし、福士加代子が保持していた日本記録を18年ぶりに塗り替えると、8月にも1500メートルで14年ぶりの日本新の4分5秒27を叩きだした。勢いに乗る21歳が初の日本一の座を手にした。

 母・千洋さんは北海道マラソン優勝を誇る市民ランナー、コーチを務める父・健智さんも元実業団選手だ。兵庫・西脇工高を経て同志社大に進学。昨年世界選手権5000メートルは14位だった。この日は約5時間前に行われた800メートル予選でも、全体トップとなる2分5秒14の1着で通過していた。3日の決勝で1500メートルとの二冠の期待がかかる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集