[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

V3カシメロ、勝利後の“片手腕立て伏せ”に米注目「調子に乗ったセレブレーション」

ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが26日(日本時間27日)、米コネチカット州アンカスビルで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が同級11位デューク・ミカー(ガーナ)に3回TKO勝ち。3度目の防衛に成功した。勝利後、リング上で披露した歓喜の“片手腕立て伏せ”に海外メディアが注目。「調子に乗ったセレブレーション」などと報じている。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

V3戦で3回TKO勝ち、リング上で喜びを表現

 ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが26日(日本時間27日)、米コネチカット州アンカスビルで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が同級11位デューク・ミカー(ガーナ)に3回TKO勝ち。3度目の防衛に成功した。勝利後、リング上で披露した歓喜の“片手腕立て伏せ”に海外メディアが注目。「調子に乗ったセレブレーション」などと報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 まだまだ余裕とアピールしているようだ。強打で3回TKO勝ちを決めたカシメロは、少し飛び跳ねるようにして両手を掲げて歓喜。そして、突然マットに右手をついて腕立て伏せを始めた。足を大きく広げ、試合後の疲れを感じさせないスピードで計6回をやってのけた。

 実際の動画を米スポーツチャンネル「ショータイム」公式インスタグラムが公開している。また、米放送局「FOXスポーツ」は「ボクシング王者ジョンリエル・カシメロ、残忍なノックアウト後の調子に乗ったセレブレーション」と見出しを打って記事を掲載。「(3回TKO)すると、派手に喜んだ。リングに倒れ込むと片手腕立て伏せを始めた」と注目していた。

 カシメロにとっては4月に対戦予定だったWBAスーパー&IBF王者井上尚弥(大橋)との3団体統一戦が延期となった末に臨んだ試合。24戦全勝(19KO)だったミカーから2回にもダウンを奪うなど圧倒し、危なげなくV3を達成した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集