[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥も登場 元4階級王者が“俺のPFP5傑”を独自選出「その中の1人がNo.1だ」

ボクシングの元4階級世界王者のマイキー・ガルシア(米国)がパウンド・フォー・パウンド(PFP)5傑を独自選出し、WBAスーパー&IBFバンタム級王者の井上尚弥(大橋)もノミネートした。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

ガルシアが米メディアの企画で回答、カネロ、フューリーらとともに選出

 ボクシングの元4階級世界王者のマイキー・ガルシア(米国)がパウンド・フォー・パウンド(PFP)5傑を独自選出し、WBAスーパー&IBFバンタム級王者の井上尚弥(大橋)もノミネートした。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 39勝1敗の戦績を誇り、フェザー、スーパーフェザー、ライト級、スーパーライト級を制覇してきたガルシア。現在はウェルター級戦線に舞台を移し、5階級制覇の偉業を目指す32歳は、米スポーツ専門メディア「EsNews」の公式YouTubeの企画に登場。現役、階級の枠を越えたPFP最強5傑について質問を答えている。

「オレならカネロを入れるだろう。フューリーも入る。バド(クロフォードの愛称)も入るだろうね」

 4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)、WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)、WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)の名前を挙げたガルシア。その後にバンタム級戦線に話題を移した。

「軽量級のアジア人、誰だっけ? イノウエだ」

 4番目に挙げた井上とともに、元クルーザー級4団体統一王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)を選出し、現在の最強5傑を挙げたガルシア。あくまで選出は順不同で「その中の1人がNo.1だろうね」とし、5人の実力は伯仲しているとみているようだ。

 19年3月のウェルター級初挑戦となったIBF世界同級タイトルマッチで、エロール・スペンスJr.(米国)に判定負けを喫するまで、米誌「ザ・リング」選定のPFPトップ10の常連だったガルシアも井上の存在を認めていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集