[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳西村優菜「最後に笑顔で終わりたい」 メジャー初出場で“プラチナ世代初V”王手

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第3日が12日、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と2打差の2位で出たツアー未勝利の20歳新人・西村優菜(フリー)が7バーディー、2ボギーの67で回り、通算11アンダーで2位に1打差の単独首位に浮上した。

西村優菜【写真:Getty Images】
西村優菜【写真:Getty Images】

国内メジャー・日本女子プロ選手権第3日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第3日が12日、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と2打差の2位で出たツアー未勝利の20歳新人・西村優菜(フリー)が7バーディー、2ボギーの67で回り、通算11アンダーで2位に1打差の単独首位に浮上した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 西村は前半2、3番で連続バーディーを奪うと、5、9番でも1つ伸ばした。9番は6メートルのロングパットを決めた。後半の15番第2打では、残り132ヤードから9アイアンでピンそば15センチにピタリ。16番も伸ばして連続バーディーとした。

「60台でラウンドするのが一つの目標。そこがクリアできてよかった。今週はショートアイアンが凄く調子がいい。雨は全然気にならなかった。練習の時が凄く降っていたので、(スタートして)上がってくれてラッキーだった」

 安田祐香、吉田優利らと同じ2000年度生まれのプラチナ世代と称される学年。昨年11月にプロテストに合格し、最終予選会は21位だった。今季はプロデビューから4試合で予選落ちが3度と苦戦しているが、唯一予選通過した2週前は9位に。今大会コースは最終プロテストで回った場所だ。

「プロテスト合格組が上位で戦えているのが嬉しいし、自分がプロテストに合格した地でこういうふうにプレーできているのが嬉しい。優勝したい気持ちはもちろんありますけど、私はトップ10の回数を意識しています。もちろん優勝したいけど、常に上位に入れる選手になりたい。アマチュアで見ていた時から常に上位にいる選手が強いと思っていたので」

 申ジエのショット力やリカバリーを参考にするなど、「カッコよかった」と強さに憧れた。プラチナ世代では古江彩佳がアマチュア時代に優勝したが、西村が勝てばプロ転向後では一番乗りだ。プロ転向後メジャー初出場の20歳は「緊張もあると思うけど、目標を60台に設定して自分のマネジメントをしっかりやりたい。自分のプレーに集中して最後に笑顔で終われるようにしたい」と活躍を誓った。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集