[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、154kmの“平行移動ツーシーム”に米感嘆「これをどうやって打てと?」

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地でのレッズ戦に先発登板。6回を投げて98球、3失点9奪三振と好投したが、味方の援護がなく2敗目。自身の連勝は7でストップしたが、被安打は2と変わらぬ安定感を披露。米国の名物セレブが96マイル(約154キロ)の超変化ツーシームを動画付きで脚光を浴びせると、米ファンからは「これをどうやって打てと?」「現実離れしている」などと驚愕の声が上がっている。

背番号21で先発登板したダルビッシュ有【写真:AP】
背番号21で先発登板したダルビッシュ有【写真:AP】

連勝は7でストップも6回3失点の力投

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地でのレッズ戦に先発登板。6回を投げて98球、3失点9奪三振と好投したが、味方の援護がなく2敗目。自身の連勝は7でストップしたが、被安打は2と変わらぬ安定感を披露。米国の名物セレブが96マイル(約154キロ)の超変化ツーシームを動画付きで脚光を浴びせると、米ファンからは「これをどうやって打てと?」「現実離れしている」などと驚愕の声が上がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 見るものを唸らせる、圧倒的な1球だった。5回1死、左打者ボットに対する2球目だ。ダルビッシュが投じた1球が凄まじい軌道を描いた。打者の手元で、外角へまるで平行移動するように急激に変化。ボットのバットは空を切り、ボールは捕手のミットに収まった。

 ゲームのような変化をみせた96マイルにフォーカスしたのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏。自身のツイッターで「ユウ・ダルビッシュによる96マイルのツーシーム」と添えて動画付きで公開すると、あまりの変化に驚きの声が続々と上がっている。

「これをどうやって打てと?」
「この映像を見ることをやめられない。現実離れしている」
「地球上でこんなにも美しいツーシームは他に存在しない」
「レンジャーズファンの俺は彼の投球を見るたびに恋しくなる」
「MLBを見なきゃいけない理由」

 この打席でもボットをきっちり三振に仕留めるなど、9つの三振を奪ったダルビッシュ。8試合連続でのクオリティースタート(QS)は達成し、72奪三振はリーグトップの数字をキープしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集