[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

150kmを“マトリックス回避” パ軍21歳の反りに米驚愕「本当にクレイジーだ」

8日(日本時間9日)の米大リーグの試合で、打者が投球を避けたワンシーンが話題となっている。パドレスのフェルナンド・タティス・ジュニア内野手が、ロッキーズ戦で顔面付近に投じられたボールを映画「マトリックス」の有名シーンのように回避。実際の動画をMLBが公開すると、米ファンからは「本当にクレイジー」「素晴らしいボディーコントロール」などと反響が寄せられている。

パドレスのフェルナンド・タティス・ジュニア【写真:AP】
パドレスのフェルナンド・タティス・ジュニア【写真:AP】

タティスが頭部付近の球を避けた動きが話題

 8日(日本時間9日)の米大リーグの試合で、打者が投球を避けたワンシーンが話題となっている。パドレスのフェルナンド・タティス・ジュニア内野手が、ロッキーズ戦で顔面付近に投じられたボールを映画「マトリックス」の有名シーンのように回避。実際の動画をMLBが公開すると、米ファンからは「本当にクレイジー」「素晴らしいボディーコントロール」などと反響が寄せられている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 この身体能力もさすがメジャーといったところか。初回無死一塁の第1打席。カウント1-2からの4球目だ。顔面付近に投じられた93マイル(約150キロ)の速球を、打席のタティスは体を後ろ向きに反らして回避。まるで「マトリックス」で弾丸を避けるシーンのように、背中を地面スレスレまで近づけた後、体を直立に戻した。スローで見ると、両腕もうまく使い、ギリギリでバランスを保ったことが分かる。

 この回避もあり、四球を選んだタティス。実際の動画をMLB公式インスタグラムが公開。文面に「エンター・ザ・マトリックス」と綴られた投稿には、米ファンから「この男は人間か?」「タトリックス」「エンタメ性のある選手の1人だね」「彼がまさにそう(マトリックス)だ」「これを見ていると背中が痛くなる」「これは本当にクレイジー」「素晴らしいボディーコントロール」などと反響が寄せられている。

 21歳のタティスは昨季メジャーデビュー。83試合の出場で打率.317、22本塁打をマークした。今季もここまで打率.310、15本塁打を記録している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集