[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺田明日香、好タイム2位も「チャレンジしないと」 現状維持拒否で進化を決意

陸上のアスリートナイトゲームズイン福井が29日、9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開催され、女子100メートル障害決勝は青木益未(七十七銀行)が、追い風参考2.1メートルながら、従来の日本記録(12秒97)を上回る12秒87の日本新記録相当をマークして優勝した。日本記録保持者・寺田明日香(パソナグループ)は、12秒93で2位に入った。

寺田明日香【写真:荒川祐史】
寺田明日香【写真:荒川祐史】

アスリートナイトゲームズイン福井で2位「冷静に走れなかった部分がある」

 陸上のアスリートナイトゲームズイン福井が29日、9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開催され、女子100メートル障害決勝は青木益未(七十七銀行)が、追い風参考2.1メートルながら、従来の日本記録(12秒97)を上回る12秒87の日本新記録相当をマークして優勝した。日本記録保持者・寺田明日香(パソナグループ)は、12秒93で2位に入った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 予選では追い風参考2.3メートルながら12秒92で全体1位となった寺田。決勝では青木に0秒06差で敗れた。「速いリズムで走らないといけない中で、冷静に走れなかった部分があって崩れたと思う」と振り返った。

 予選、決勝ともに追い風参考だったが、いずれも自身がもつ日本記録を上回るタイムを出した。「力はついているということなので、それより先に進んで走るためには、もっとチャレンジしなければいけない部分もあると思いますし、速さに対して出てくる怖さみたいなところもあるので、克服していかなければならないと思う」と手ごたえとともに今後の課題を挙げた。

 結婚・出産を経て、昨年競技に復帰し、12秒97で日本新記録を樹立。23日のセイコーゴールデングランプリ(GGP)では13秒03で優勝しているが、現状維持するつもりはない。「いろんな人に『寺田明日香はこういうところを変えてきたんだな』と思われるくらい、極端に動かないと良いチャレンジになっていかない。チャレンジするのは悪くなるかもしれないし、良くなるかもしれない。フィフティーフィフティーで怖いんですけど、チャレンジしないと先に進めない。一回崩してでも先を見てやっていければ」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集