[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドカベン岩鬼級の悪球打ち!? 顔の高さを痛烈二塁打で米驚き「なんでこれを振った?」

米大リーグで見事な悪球打ちが生まれた。21日(日本時間22日)にエンゼルスのデービッド・フレッチャー内野手が顔の高さの打球を強打。右翼線を破る二塁打となり、球団公式ツイッターが動画を公開すると、米ファンから「なぜこれを振った?」とコメントが相次いでいる。

デービッド・フレッチャーの悪球打ちに注目が集まっている【写真:Getty Images】
デービッド・フレッチャーの悪球打ちに注目が集まっている【写真:Getty Images】

エンゼルス内野手が顔の高さのボール球を強打、打球の行方は…

 米大リーグで見事な悪球打ちが生まれた。21日(日本時間22日)にエンゼルスのデービッド・フレッチャー内野手が顔の高さの打球を強打。右翼線を破る二塁打となり、球団公式ツイッターが動画を公開すると、米ファンから「なぜこれを振った?」とコメントが相次いでいる。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 こんな球も安打にしてしまうのか。アスレチックス戦。0-3の5回先頭でフレッチャーが右打席に入った。0-2の3球目。相手右腕が投じたのは、真ん中高めの明らかにボール球だ。しかし、身長175センチの26歳は顔の高さの球を強振したのだ。打球は右翼線を転がって二塁打。見事な悪球打ちに実況も思わず笑い声を上げた。

 球団公式ツイッターは「どんな球でもフレッチャーには好球」と動画を公開。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」も同じ動画を公開すると、米ファンからは「だって彼はデビッド・フレッチャーだから」「なぜなら彼はGOAT(史上最高)だから」「この高さは難しい」「本当に頭より高いボール」「なんでこれを振ったの?」「ナイス」「反射神経」と驚いた様子のコメントが集まっている。

 本塁打とはならなかったが、人気野球漫画「ドカベン」の岩鬼正美を彷彿とさせる悪球打ち。後続の適時打でこの回1点を返したが、試合は3-5で敗れた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集