[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元ロシア代表が審判を病院送り アマサッカーでの蛮行に海外波紋「忌まわしく最低だ」

リーガ・エスパニョーラなどでは移籍市場が注目されているが、ロシアではアマチュアの試合で、元同国代表選手が審判を暴行し、警察沙汰となる衝撃の事態に波紋が広がっている。PKをもらえなかったことを不服としたロマン・シロコフが審判を殴り、強烈なキックもお見舞いしてピッチ上は騒然。海外メディアは「審判へ凶悪な襲撃をし病院送りに」などと報じ、実際のシーンの動画も公開されている。

元ロシア代表主将のロマン・シロコフ【写真:Getty Images】
元ロシア代表主将のロマン・シロコフ【写真:Getty Images】

代表通算13ゴールのシロコフが審判にパンチ&キックを食らわせて…

 リーガ・エスパニョーラなどでは移籍市場が注目されているが、ロシアではアマチュアの試合で、元同国代表選手が審判を暴行し、警察沙汰となる衝撃の事態に波紋が広がっている。PKをもらえなかったことを不服としたロマン・シロコフが審判を殴り、強烈なキックもお見舞いしてピッチ上は騒然。海外メディアは「審判へ凶悪な襲撃をし病院送りに」などと報じ、実際のシーンの動画も公開されている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 試合中、レッドカードを提示された選手が信じられない行動をとった。判定に不服の様子で審判の顔にめがけてパンチをお見舞い。倒れた審判へ続けざまに強烈なキックを食らわせた。恐るべき事態となり、周囲は必死に怒る選手を止めた。

 実際のシーンの動画を、米スポーツ専門局「ESPN」や英紙「ガーディアン」に寄稿するアルトゥール・ペトロシャン記者がツイッターで公開。「ロシアの元スター選手ロマン・シロコフが、昨日のアマチュアの試合でPKを与えられなかった後に、審判に行ったことがこちら」と文面につづっている。

 また、ロシア放送局「ロシアトゥデー」は「元ロシア代表主将のシロコフが、アマチュアの試合でPKをもらえず審判へ凶悪な襲撃をし病院送りに」と記し、事の顛末を伝えている。記事によると、審判を蹴り上げたのは代表57キャップを誇る元ロシア代表主将のシロコフ。「『モスクワ・セレブリティ・カップ』の試合でニキータ・ダンチェンコ主審に激しく襲いかかるところを撮影された」と記している。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集