[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、待望の適時打! フェン直の“弾丸二塁打”は打球速度180キロの驚速打

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、マリナーズとの本拠地開幕戦で「5番・指名打者」で先発出場。今季初の5番スタメンに座った大谷は6回の第4打席で中越えに適時二塁打を放ち、12打席ぶりの安打をマークした。待望の今季初長打で初打点。現地記者によると打球速度は111.9マイル(約180キロ)だった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

6回に右腕グロツから今季初長打

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、マリナーズとの本拠地開幕戦で「5番・指名打者」で先発出場。今季初の5番スタメンに座った大谷は6回の第4打席で中越えに適時二塁打を放ち、12打席ぶりの安打をマークした。待望の今季初長打で初打点。現地記者によると打球速度は111.9マイル(約180キロ)だった。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷のバットが火を吹いた。6回2死一塁。この試合初対戦の右腕グロツの甘いシンカーを捉えた。打球は力強く伸び、右中間フェンス直撃。一塁走者のレンドンが懸命の激走で、ホームイン。大谷は悠々と二塁に到達していた。

 今季打者としては3試合目の出場で初長打、初打点。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者のツイッターによると、打球速度は111.9マイルだった。

 湿りがちだったバットから出た待望の一打。ここから波に乗っていくことを期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集