[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

14連続1回KOの米新星 “62秒殺劇”の23歳は自画自賛「連続KOはかっこいいが…」

ボクシングのスーパーミドル級の新星、エドガー・バーランガ(米国)が21日(日本時間22日)、米興行大手トップランク社の興行に登場。エリック・ムーン(米国)を62秒でマットに沈め、デビューからの連続1ラウンドKOを14に伸ばした。将来が嘱望される23歳は試合後、「自分は精確なファイター」「まだまだ成長できる」と充実感を口にしている。

KO勝ちしたエドガー・バーランガ(左)【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】
KO勝ちしたエドガー・バーランガ(左)【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】

62秒KOのバーランガ「自分は精確なファイターだ」

 ボクシングのスーパーミドル級の新星、エドガー・バーランガ(米国)が21日(日本時間22日)、米興行大手トップランク社の興行に登場。エリック・ムーン(米国)を62秒でマットに沈め、デビューからの連続1ラウンドKOを14に伸ばした。将来が嘱望される23歳は試合後、「自分は精確なファイター」「まだまだ成長できる」と充実感を口にしている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 23歳の新星が豪快に倒した。開始早々、圧力をかけてロープ際に追い詰めるバーランガ。ガードを固めるムーンに対し、お構いなしに強打を振るった。左右のボディーを放ち、さらにガードの上から右フックをぶつける。

 ガードの上からでも効かせた様子で、わずかにブロックする左腕が下がったところを見逃さず、右のフックを顔面に再びお見舞い。崩れ落ちるムーン。立とうとするが、足元がおぼつかない。そのまま前に転がってしまった。レフェリーはすぐに試合をストップ。バーランガの強打が際立つ、62秒TKOだった。

 見事な秒殺KO劇を伝えているのは、米スポーツ専門局「ESPN」だ。「エドガー・バーランガ、スーパーミドル級で驚異の連続KO勝ち」との見出しで報じ、本人のコメントを伝えている。

 バーランガは試合後、「自分は精確なファイターだ。何でもかんでもやるわけではない。たくさんのスキルと身のこなしを身につけている。そして寸分違わないショットがある」と自画自賛。さらには「あと2、3試合やれば(評価も)急上昇だろう。誰もが自分のスキルを見ることになる」と続けている。

 2016年4月のプロデビューから14戦目。最短では41秒KOも記録したこともあるバーランガ。強敵との対戦こそまだないものの、「この試合はさらなるステップアップになった。ボクサーとしてまだまだ成長できる。パワーはあるが、バランスの取れたボクサーであることを示したいんだ。連続KOはかっこいいが、自分にとってはファーストラウンドKOよりも大事なものがある」と先を見据えている。

 カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)らが王者に君臨するスーパーミドル級。トップクラスの世界ランカーとの激突が楽しみだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集