[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

36歳ママが今度は4回転挑戦 衰え知らずの情熱に相次ぐ称賛「いつも驚かせてくれる」

フィギュアスケートの平昌五輪ペア金メダリストのアリオナ・サフチェンコ(ドイツ)がインスタグラムを更新。昨秋に出産したばかりの36歳は先日は3回転アクセルに挑戦し、驚かせていたが、今度は4回転にトライ。補助器具付きながら4回転トウループを成功させ、再び「いつだって驚かせてくれる」「とにかくすごい」などと海外ファンの喝采を浴びている。

アリオナ・サフチェンコ【写真:Getty Images】
アリオナ・サフチェンコ【写真:Getty Images】

補助器具付きで4回転トウループに挑戦

 フィギュアスケートの平昌五輪ペア金メダリストのアリオナ・サフチェンコ(ドイツ)がインスタグラムを更新。昨秋に出産したばかりの36歳は先日は3回転アクセルに挑戦し、驚かせていたが、今度は4回転にトライ。補助器具付きながら4回転トウループを成功させ、再び「いつだって驚かせてくれる」「とにかくすごい」などと海外ファンの喝采を浴びている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 情熱は衰えを知らない。サフチェンコが今度は4回転を跳んだ。ピンクのウェアを纏い、助走をつけながらジャンプ。ハーネスのような補助器具のアシストはあったが、見事に4回転トウループを着氷した。

 先日は同様に補助器具付きで3回転アクセルを跳んでいたサフチェンコ。4回転にも挑んだ映像を投稿し「新たな夢実現に向かって練習。挑戦するのが好き」と記すと、海外ファンからは拍手が沸き起こっている。

「スーパー・クイーン」
「真のチャンピオン。いつだって私たちを驚かせてくれる!」
「簡単に決めてるね」
「信じられない」
「3回転半に4回転トウループとあなたの魅力があれば、女子シングルでも余裕で勝負できるよ」
「ほんと信じられないくらい上手いね」
「かっこいい」
「シングルそれともペア?両方かな?」
「もう少し練習を重ねればシングルでも金メダル獲れるよ」
「とにかくすごい。1日何時間練習してるの?」
「きっと目標達成できるよ。女王!」

 平昌五輪後、18-19年シーズンは競技には出場せず、アイスショーに専念していたサフチェンコは昨秋に出産も経験。新型コロナウイルスの影響もあり、本格的な競技復帰のめどはたっていないというが、本人は2つ目の五輪金メダルへの意欲を見せているという。10代のスケーターが注目を集めるフィギュア界にあって、異例の挑戦をファンも応援している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集