[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金髪美女ブシャールがボールガールに 異例の“転身”に海外注目「観衆を驚かせた」

「ワールド・チーム・テニス」の2020シーズンが先週末、米ウエストバージニア州で開幕。有観客だが、会場に入れる人数を制限して行われている。そんな中で美女テニスプレーヤーとして知られる元世界ランク5位のウージニー・ブシャール(カナダ)がボールガールの役割を担ったことが注目を浴び、海外メディアで報じられている。

ウージニー・ブシャール【写真:Getty Images】
ウージニー・ブシャール【写真:Getty Images】

自身のSNSに投稿「私のボールガールぶりどうだった?」

「ワールド・チーム・テニス」の2020シーズンが先週末、米ウエストバージニア州で開幕。会場に入れる人数を制限し、有観客で行われている。そんな中で美女テニスプレーヤーとして知られる元世界ランク5位のウージニー・ブシャール(カナダ)がボールガールの役割を担ったことが注目を浴び、海外メディアで報じられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 普段はお目にかかれない光景だ。実際にプレーするチームメートのスローン・スティーブンス(米国)の後ろに立ってボールガールを務めたブシャール。実際に試合をするようなウェア姿で現れ、ボールをキャッチするなどし、観衆の視線を集めていたようだ。

 ブシャールは実際のシーンの画像を、自身のツイッターに投稿。「安全面を考えて、チームメートがボールガールを務める必要があったの。スローン、私のボールガールぶりどうだった?」と記している。

 これに注目したのはロシア放送局「ロシアトゥデー」だ。

「2014年のウィンブルドンのファイナリストは友人であるチームメートのスローン・スティーブンスと五輪金メダリストのモニカ・プイグの試合でキャッチング能力を見せつけた」「ブシャールはテニスのユニフォーム姿で現れ、ボールをキャッチし、観衆を驚かせた」と報じている。

 なるべく1か所に集まる人数を避けるために線審も不在。最低限の人数で試合を進めており、選手がスタッフを兼務することでスムーズな進行へとつなげているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集