[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

煌いた左足― 本田圭佑、魅惑の「美しき流線」弾に賛辞「ホンダがトドメ刺した」

サッカー・メキシコリーグ1部、パチューカの日本代表FW本田圭佑は29日(日本時間30日)のサントス・ラグーナ戦、芸術的なゴールで移籍後初の公式戦2戦連発。ダイレクトパスから相手GKをあざ笑うように決めた「美しき流線」弾をリーグ公式ツイッターも動画付きで紹介し、地元メディアは「最高のコンビネーション」「ケイスケ・ホンダがトドメを刺した」と称賛している。

移籍後初の公式戦2戦連発、ダイレクトパスから決めた美弾、地元メディアも称賛続々

 サッカー・メキシコリーグ1部、パチューカの日本代表FW本田圭佑は29日(日本時間30日)のサントス・ラグーナ戦、芸術的なゴールで移籍後初の公式戦2戦連発。ダイレクトパスから相手GKをあざ笑うように決めた「美しき流線」弾をリーグ公式ツイッターも動画付きで紹介し、地元メディアは「最高のコンビネーション」「ケイスケ・ホンダがトドメを刺した」と称賛している。

 1-0でリードした前半41分だった。突破した右サイドからグラウンダーのクロス。これをエリア内中央のFWハラがダイレクトで落とし、この時、走り込んできたのが背番号2だった。本田はエリア境界線のやや右サイドから、そのまま左足でコンタクト。そして、放たれたシュートは美しい軌道を描く。

 インサイドで放ったシュートに対し、コースを読んだGKは飛び付いた。しかし、相手をあざ笑って巻くようにカーブを描き、ボールはファーサイドのネットを揺らした。歓喜のゴールを決め、仲間を何度も指差し、感情を爆発させた本田。雄たけびを上げ、移籍後初の2戦連発に酔いしれた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集