[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦が遅れる「本当の理由」 カシメロ母国紙が独自分析「ただの骨折ではない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の3団体統一戦は、新型コロナウイルスの影響で延期状態となっている。相手のWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の母国メディアは、試合日決定が遅れる一因として昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦でモンスターが受けた精神的ダメージの存在などを挙げている。

井上尚弥【写真:小倉元司】
井上尚弥【写真:小倉元司】

井上尚弥VSカシメロはいつ開催するのか、フィリピン紙が独自見解

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の3団体統一戦は、新型コロナウイルスの影響で延期状態となっている。相手のWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の母国メディアは、試合日決定が遅れる一因として昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦でモンスターが受けた精神的ダメージの存在などを挙げている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

「イノウエ対カシメロ戦への長い待ち時間」と報じたのはフィリピン地元紙「マニラ・タイムズ」だった。新型コロナ禍で4月25日に米ラスベガスで行われる予定だった一戦は延期に。2月中旬から米国に先乗りしていたカシメロは、約5か月の米国滞在を余儀なくされている。

 井上と契約する米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは、井上の米国への入国ビザを理由の一つに挙げていたが、カシメロは違った。記事では「(井上は)ビビっている」と語ったという。さらに「もしも、イノウエにビザの問題が本当に存在するなら、日本に喜んで遠征し、モンスターの牙城で戦いたいと主張していた」と紹介している。

 大胆不敵な発言をしたというカシメロ。井上戦の日程が決まらない場合、元WBA同級スーパー王者ルーシー・ウォーレン(米国)ら代替候補が浮上している。

「俺は他のファイターと戦うだろう。アラムとモンスターがビビっているからな。彼(ウォーレン)は簡単な試合ではない。とても優秀な相手で楽な試合とは言えない。イノウエに向けて準備しているので、いい練習を積むことが必要だ」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集