[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トルソワの昨季ベストは「日本」 衝撃のシニア1年目を回顧「多くのものを学んだ」

フィギュアスケートのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)はコーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏に師事することになった。電撃移籍のトルソワは、ロシアのインターネットサイト「figureskating-online.com」などのインタビューで2019-20シーズンを振り返っている。

アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

ロシアメディアのインタビューで2019-20シーズンを振り返る

 フィギュアスケートのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)はコーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏に師事することになった。電撃移籍のトルソワは、ロシアのインターネットサイト「figureskating-online.com」などのインタビューで2019-20シーズンを振り返っている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 シニアデビューイヤーで、アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワとともに“天才3人娘”として鮮烈な印象を残したトルソワ。今年1月の欧州選手権では表彰台を3人で独占するなど、圧倒的な実力を見せた。

 同メディアのインタビューで2019-20シーズンの自己評価を尋ねられたトルソワは「私は『良い』と評価します。私が望むものすべてがうまくいったわけではありませんでしたが、多くのものを学びました。新しいエレメンツも習得しましたし、経験も得ました。私はこれを必ず来シーズンに活かします」と手ごたえを口にしているようだ。

 稀代の4回転ジャンパーにとって、日本での演技は特に印象に残っているようだ。記事によると、昨季最もよかった瞬間についてトルソワはこう語っているという。

「昨シーズンで一番良かった演技はジャパン・オープンでのものです。自分のプログラムを演じることができ、チームを助けられました。それはとても心地よい感覚で、全体として面白かった。加えて、日本での大会はいつも楽しいものです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集