[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリーVSワイルダー第3戦、年内開催は絶望的 アラム氏「今は続ける必要がない」

ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)と、前WBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)の第3戦は、2021年まで延期される可能性があるようだ。米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOが「おそらく、来年まで試合はできないだろう」と語ったと、米メディアが伝えている。

タイソン・フューリー(右)とデオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】
タイソン・フューリー(右)とデオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】

第3戦の開催についてアラム氏「おそらく、来年まで試合はできないだろう」

 ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)と、前WBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)の第3戦は、2021年まで延期される可能性があるようだ。米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOが「おそらく、来年まで試合はできないだろう」と語ったと、米メディアが伝えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 今年2月の“世紀の再戦”では、フューリーが7回TKO勝ち。V10を誇っていたワイルダーを破った。44戦目でプロ初黒星を喫したワイルダーはその後、正式に第3戦に挑む契約オプションを行使したと海外メディアに報じられていた。

 年内に行われるとみられていた第3戦だが、米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「新型コロナウイルスの感染拡大で、2020年内にタイソン・フューリー対デオンテイ・ワイルダーの第3戦が行われない可能性が高まりつつある」と記事で伝えている。

 同メディアによると、フューリーのプロモーターを務めるアラム氏は取材に対して次のように話しているという。

「フューリーと話をし、考えられる最短の日程は11月だと伝えた。でも、11月にどういう状況になっているかなど誰が分かるのか。当たり前だが、フューリー対ワイルダー戦を無観客で行うことはできない。観客を入れて試合を行う場合、多くの人が飛行機を使ってラスベガスにやってくるだろう。英国からも多くの人が来る。だから、色々なことを考慮に入れなければならない。おそらく、来年まで試合はできないだろう」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集