[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

白井健三「今までとは全く違う世界選手権」 内村不在、躍進振り返り心境明かす

体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は8日、種目別決勝が行われ、男子跳馬で白井健三(日体大)が14.900点をマークし、金メダルを獲得。個人総合(銅メダル)、種目別床運動(金メダル)と合わせ、3つのメダルを獲得した「ひねり王子」は「今までとは全く違う世界選手権。色々感じました」と今大会をツイッターで振り返った。

メダル3つ…内村負傷も日本牽引「先輩方について行ってた今までとは全く違う世界選手権」

 体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は8日、種目別決勝が行われ、男子跳馬で白井健三(日体大)が14.900点をマークし、金メダルを獲得。個人総合(銅メダル)、種目別床運動(金メダル)と合わせ、3つのメダルを獲得した「ひねり王子」は「今までとは全く違う世界選手権。色々感じました」と今大会をツイッターで振り返った。

 躍進の大会が終わった。白井は最終日に行われた種目別の跳馬で14.900点をマーク。2位とわずか0.001点差の“最少得点差V”で同種目では日本勢39年ぶりの金メダルを獲得した。

 今大会は個人総合に初出場。予選で負傷棄権したエース内村航平に代わり、決勝でも奮闘し、銅メダルを手中に収めた。21歳となり、男子体操界においても十分な存在感を発揮した。

 白井は大会終了後に「世界選手権終わりました」とツイッターで報告。「先輩方について行ってた今までとは全く違う世界選手権。色々感じました」と心境を明かした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集