[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

白井健三、「0.001点差V」に国際体操連盟も称賛「ずば抜けたツイスト能力強調」

体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は8日、種目別決勝が行われ、男子跳馬で白井健三(日体大)が14.900点をマークし、金メダルを獲得。2位はわずか0.001点差の“最少得点差V”で今大会、個人総合(銅メダル)、種目別床運動(金メダル)に続き、今大会3つ目のメダルを獲得した「ひねり王子」に対し、国際体操連盟(FIG)は「ずば抜けたツイストの能力が明確に強調」と称賛している。

跳馬で床に続く金は“最少得点差”…「ひねり王子」の本領に国際体操連盟も称賛

 体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は8日、種目別決勝が行われ、男子跳馬で白井健三(日体大)が14.900点をマークし、金メダルを獲得。2位はわずか0.001点差の“最少得点差V”で今大会、個人総合(銅メダル)、種目別床運動(金メダル)に続き、今大会3つ目のメダルを獲得した「ひねり王子」に対し、国際体操連盟(FIG)は「ずば抜けたツイストの能力が明確に強調」と称賛している。

 男子跳馬で日本勢として78年大会の清水順一以来39年ぶりの金メダル。歴史的快挙は、2位のイーゴリ・ラディビロフ(ウクライナ)と0.001点差という最少差で飾った。

 FIGは公式サイトで「シライ、跳馬で紙一重」と見出しを打って記述。「2位とはわずか0.001点差で、このスポーツにおける最もわずかな差での勝敗となった」と“最少得点差V”に注目している。「シライは今大会2つ目の世界タイトルとなったが、2本とも彼のずば抜けたツイストの能力が明確に強調されていた」と床に続く金メダルを手放しに称賛していた。

 今大会は個人総合予選で内村航平が故障で途中棄権し、日本男子を背負う立場となったが、力強く牽引。鮮烈な印象を世界に残した。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集