[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「チェンが支配、羽生が歴史作る」 五輪メディアが今季を回顧、宇野&鍵山にも言及

カナダ・モントリオールで18日に開幕予定だったフィギュアスケートの世界選手権は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、中止となった。羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)らが世界の強豪と戦う頂上決戦は幻に。予期せぬ形で今季終了となったが、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は「ネイサン・チェンがシーズンを支配し、ユヅル・ハニュウが歴史を作った」と男子フィギュアを振り返っている。

五輪専門メディアは今季の主役に羽生とチェンを挙げ、宇野の復調を祝福した【写真:Getty Images】
五輪専門メディアは今季の主役に羽生とチェンを挙げ、宇野の復調を祝福した【写真:Getty Images】

IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」が今季を回顧

 カナダ・モントリオールで18日に開幕予定だったフィギュアスケートの世界選手権は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、中止となった。羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)らが世界の強豪と戦う頂上決戦は幻に。予期せぬ形で今季終了となったが、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は「ネイサン・チェンがシーズンを支配し、ユヅル・ハニュウが歴史を作った」と男子フィギュアを振り返っている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 同メディアは2019-2020シーズンを振り返り「チェンは無敗でシーズンを終え、ハニュウはオリンピックで優勝した時のプログラムに戻って、スーパースラムを達成した」と伝えている。

 羽生は2月の4大陸選手権(韓国・ソウル)のSPで「バラード第1番」、フリーで「SEIMEI」を再演して初優勝。ジュニアの世界選手権、グランプリ(GP)ファイナル、シニアの五輪、世界選手権、GPファイナル、4大陸選手権(欧州選手権)という主要国際大会6つをすべて制す「スーパースラム」の快挙を成し遂げた。同メディアは記事で「ハニュウは順当にソウルでの4大陸選手権で勝利した。そのことにより、ジュニアとシニアのキャリアの中で、完全に『スーパースラム』を達成した最初の男子選手ということになった」とたたえている。

 18日に開幕予定だった世界選手権は、新型コロナウイルスの影響で中止に。同メディアは「2018-19シーズンの世界選手権でハニュウはチェンに次ぐ2位で終わってしまった。しかし、シーズンの大半を怪我で欠場の続いた後の復帰戦だったので、多くのファンは次シーズンの2人のマッチアップに注目していた」と2人の演技が見られなかったことを無念がった。

 フィギュア界のトップで切磋琢磨してきた2人の関係について、記事では「チェンはハニュウを『私が常に尊敬する象徴的存在』と呼び、ハニュウはライバル、チェンのことを『私がスケートをするモチベーション』と表現した」とかつてお互いを称賛したコメントで表現している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集