[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳伊藤ふたばがジャパンカップ2冠 スピード急成長の理由は「トモアスキップ」

東京五輪新種目となったスポーツクライミングのスピードジャパンカップは22日、東京・昭島市で行われ、17歳の伊藤ふたば(TEAM au)が初優勝した。9日のボルダリングと合わせて2冠達成。持ち前のニコニコとした表情を輝かせた。3月7、8日のリードとの3種目完全制覇の期待がかかる。

スピードジャパンカップで初優勝した伊藤ふたば【写真:浜田洋平】
スピードジャパンカップで初優勝した伊藤ふたば【写真:浜田洋平】

東京五輪新種目のスポーツクライミング、スピードの日本一決定戦で伊藤が初優勝

 東京五輪新種目となったスポーツクライミングのスピードジャパンカップは22日、東京・昭島市で行われ、17歳の伊藤ふたば(TEAM au)が初優勝した。9日のボルダリングと合わせて2冠達成。持ち前のニコニコとした表情を輝かせた。3月7、8日のリードとの3種目完全制覇の期待がかかる。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 東京五輪ヒロイン候補で初出場の伊藤が笑顔を咲かせた。ホールド(突起物)の位置が統一され、高さ15メートルの壁を登ってタイムの速さを競うスピード。伊藤は予選を8秒98のトップ通過した。26人中唯一の8秒台をたたき出して勢いに乗ると、準決勝ではすでに東京五輪代表に内定している野口啓代(あきよ・TEAM au)と激突した。

 憧れの存在との火花散る戦いを制して決勝進出。倉菜々子(ウィルスタッフ)との決勝ではデッドヒートの末に8秒993で優勝した。ゴール板をタッチして振り返る。持ち前の笑顔を披露し、観客を沸かせた。

「寒さの中で体が動いてよかった。練習では8秒台が出なかったけど、今日は2回出てよかった。大会で集中力が上がるし、大事な大会で8秒台が出たのは自信になった」

 2週間前のボルダリングと合わせて2冠。急成長の理由は「トモアスキップ」にあった。男子の複合世界王者・楢崎智亜(ともあ・TEAM au)がスタート直後のホールドを使わずに直線的に登る独自のスタイルで世界を席巻。海外選手もこぞってまねをする技を伊藤も取り入れた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集