[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コービーは球宴のコートにいた レブロンが感じた存在感「『24番』が見えたはずだ」

米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは最終日の16日(日本時間17日)、オールスターゲームが行われ、レブロン・ジェームズ率いる「チーム・レブロン」が157-155で勝利した。チームを牽引したレブロンは試合後の会見で、1月に急逝したコービー・ブライアント氏との思い出について語った。

レブロン・ジェームズ【写真:AP】
レブロン・ジェームズ【写真:AP】

オールスターゲームは「チーム・レブロン」の主将として23得点

 米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは最終日の16日(日本時間17日)、オールスターゲームが行われ、レブロン・ジェームズ率いる「チーム・レブロン」が157-155で勝利した。チームを牽引したレブロンは試合後の会見で、1月に急逝したコービー・ブライアント氏との思い出について語った。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

「チーム・レブロン」の主将としてチームを牽引したレブロンは、第1クォーター(Q)から豪快ダンクで会場を沸かせ、勝負を決めたアンソニー・デイビスへのパスも供給した。

 各クォーター(Q)がそれぞれ独立した形で争われ、勝敗については1Q、2Q、3Qの合計が高い方のチームのスコアに、先日亡くなったコービー氏が現役時代につけていた背番号にちなんだ「24点」を足したスコアが「目標スコア」に設定され、先に「目標スコア」に達した方が勝者となるフォーマットで行われた。今回のオールスターゲームについて感想を求められたレブロンは「第4Q全体を通して、全員が『めちゃくちゃ楽しいな』って感じだった」と充実感を示した。

 近年、稀にみる白熱した試合となった今回のオールスターゲーム。選手たちが見せた闘争心は「マンバ・メンタリティ」で知られたコービー氏に敬意を払うためだったのか聞かれると「いや、みんな闘争心をすでに持っている選手たちだから、そういう話し合いはなかった。闘争心のある選手でなければオールスターには選ばれていない。自分のチームの勝利を目指して毎晩最高レベルで戦っているんだ。だから、間違いなくオールスターゲームを通して、プライドや闘争心があった」とコービー氏のためではなく、選手たちがすでに持っているものが出ただけだとした。

 しかし、続けて「でも、コービーの存在は開始時点から感じることができただろう。ファンのチャントや背番号を見ればね。チーム・ヤニスがコートを駆けている時、『24番』が見えたはずだ。だからコービーは間違いなくここにいたんだ」と、その存在がいかに大きなものだったかを語った。

 また、ブライアント氏との思い出について聞かれると、08年北京五輪に出場した通称「リディーム・チーム」で時間をともにしたことを挙げ、「そのチームでのコート外での思い出はたくさんある。バスケットボールのことや、米国代表として他のイベントに参加したこととかね。マイケル・フェルプスの泳ぎを見ることができたんだ。女子バスケ代表の試合もたくさん見られたし、陸上競技も見られた。リディーム・チームの一員としてバスケをプレーして金メダルを獲得した他に、いろんなことをしたよ。だから、間違いなくたくさんの思い出がある」と話した。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集