[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

比嘉大吾、体重超過から6回TKO勝ちで再起 2000人観衆に「リング上はめちゃくちゃきつい」

ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が13日、東京・後楽園ホールで1年10か月ぶりの再起戦となる119ポンド(53・98キロ)契約ノンタイトル8回戦に臨み、ジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)に6回2分25秒TKO勝ちした。2018年2月4日に故郷・沖縄で2度目の防衛に成功して以来、739日ぶりの勝利。体重超過による資格停止処分を経て、日本の誇るKO男がリングに帰ってきた。

6回TKO勝ちした比嘉大吾【写真:浜田洋平】
6回TKO勝ちした比嘉大吾【写真:浜田洋平】

18年4月に体重超過で世界王座剥奪

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が13日、東京・後楽園ホールで1年10か月ぶりの再起戦となる119ポンド(53・98キロ)契約ノンタイトル8回戦に臨み、ジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)に6回2分25秒TKO勝ちした。2018年2月4日に故郷・沖縄で2度目の防衛に成功して以来、739日ぶりの勝利。体重超過による資格停止処分を経て、日本の誇るKO男がリングに帰ってきた。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 久々のリングに上がると、大歓声が沸き起こった。比嘉は資格停止中も応援してくれた人に感謝を込めるように右拳を突き上げて応えた。初回は様子を見る展開。ジャブで距離を測りながら感触を確かめた。2回には左ストレートをもらい、ヒヤリとする場面も。しかし、3回には連打を浴びせてダメージを効かせた。左ボディーをお見舞いすると、後楽園ホールに鈍い音が響く。呼応するように大歓声が上がった。

 4回、左フックを何度も入れてロープ際に追い詰めた。相手が効いたとみるや、すぐさま追い打ちをかけて仕留めにかかる姿は健在。闘志を全面に出し、6回には右ボディーでダウンを奪った。再開直後にボディー、フックと連打を浴びせて2度目のダウンとなったところでレフェリーが試合を止めた。

 リング上のインタビューでは「疲れました(笑)。この試合の内容怒らないでね」と笑顔。「大吾」コールについては「聞こえましたね。ありがとうござます。今回、いろいろ試合が決まる前に東京に来て18歳の時に世界チャンピオンになりたいと思っていた気持ちも薄れて、モチベーションない中、(応援のおかげで)ここまで来れた」と振り返った。

 試合前には「応援してくれる人のためにやることしかモチベーションがない」と話していた比嘉。今後の展望については「短く楽しい生活だったけど、リングの上はめちゃくちゃきつかったです。試合内容としては全然だった。今後、この気持ちだったらやっても意味がない。熱狂的な応援があっても本人がやる気なかったが意味がない。このままモチベーション上がらなかったら辞めようととも思っている。今後については考えます」と語ると、会場からは大吾コールが起きた。

 比嘉は18年4月にWBC世界フライ王座3度目の防衛戦の前日計量で、リミット50.8キロを0.9キロ上回る体重超過を犯して王座剥奪。試合は行われ、同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9回TKO負けした。デビューから続いていた日本記録タイの15戦連続KO勝利もストップ。体重超過は国内の世界戦では日本人初の失態となり、日本ボクシングコミッション(JBC)からボクサーライセンスの無期限停止などの処分を受けていた。

 一度は引退を考えたが、階級を上げることなどを条件として昨年10月にJBCの処分が解除された。1年10か月ぶりとなった試合の前日計量は、笑顔で冗談を飛ばすなど余裕があり、リミットを0.1キロ下回る53.8キロで一発クリア。スーパーバンタム級(55.3キロ)に相当する試合で白星を掴み取った。

 現在はWBC世界バンタム級7位にランク入りしており、陣営は年内の世界再挑戦を目指す意向を示している。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集