[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、守備で存在感「+7」記録 八村との試合中の交流も披露「思いっきり叫んだ」

試合中の八村とのやりとりにも言及「『やったぜ』みたいなドヤ顔されていた(笑)」

 2度目の日本人対決となったこの試合。同時にコートに立つことはなかったが、試合中でも八村とのやり取りはあったようだ。渡邊によると「良いプレーするたびに僕が座ってるベンチを見てきて、『やったぜ』みたいなドヤ顔されていた(笑)」ようで、渡邊自身も「僕も仕返ししてやろうと思っていたが、今日自分はオフェンス面でいいところが出せなかった」と冗談交じりに話した。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 実際にやり取りが行われたのは、第1Q残り8分35秒にイシュ・スミスからのパスを左コーナーで受けた八村が、3Pを沈めた場面で、渡邊は「僕らのベンチの目の前で(八村が)ドフリーになったので、僕も後ろから思いっきり叫んだ。そしたらこっち振り向いてニヤニヤしながら帰って行ったので、『この野郎』と思って(笑)」と笑いながらやりとりを明かした。ちなみに、渡邊はその時、「あいつの名前を『塁ー!』って思いっきり叫んだ(笑)」という。

「ただ、塁の活躍は本当に凄いと思うし、前回やった時も少し出させてもらったが、勝負所で出たのはほんの3分くらいで、残りの3分とかは完全に試合が決まった状態だった。今日に関してはまだ競っている状態で第1Q終わりから第2Q頭まで出れたので、前より成長はできたのかなと思う」と八村を称賛しつつ、自身の成長への手応えも口にした。

 最近の試合でプレーする状況が少しずつ変わってきていることについて聞かれると、「自信をもってプレーできている。今日はなかなかパスが回ってこなかったが、そこは練習や試合を通してチームメートの信頼を勝ち取っていかなければいけない。自分がカッティングしていって実際にノーマークになっている場面もあった。パスが回ってくれば得点も伸びてくると思う。自信を持ってやらなければいけない立場だし、去年よりは確実に『getting comfortable(心地よくなってきている)』って感じです(笑)」と状況が好転してきていることに自信をのぞかせた。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集