[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の死角発見!? カシメロがドネア戦で感じた弱点「どのくらいタフなのか」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。正式発表前から再三挑発するなど自信を覗かせているカシメロだが、今度は井上の弱点を指摘。「どのくらいタフな選手なのか見極めたい」と耐久力に疑問符をつけている。

井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

自信満々のカシメロ「イノウエがどのくらいタフな選手なのか見極めたい」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。正式発表前から再三挑発するなど自信を覗かせているカシメロだが、今度は井上の弱点を指摘。「どのくらいタフな選手なのか見極めたい」と耐久力に疑問符をつけている。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 2か月半先のラスベガス決戦へ向けて威勢のいいカシメロ。フィリピンメディア「インクワイアー」では「カシメロはイノウエがどれくらいタフな選手なのかテストしてみたいと熱望している」と見出しを打った記事でカシメロの発言にフォーカスしている。

 カシメロがまず言及したのは、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝のノニト・ドネア戦だ。2回にドネアの左フックを被弾し、右目をカット。鼻骨と眼窩底を骨折するアクシデントにも見舞われながら、フルラウンド戦い抜きバンタム級の頂点に立った。

 久しぶりに12ラウンドを戦い、スタミナ面の不安も払拭した井上だが、カシメロにとってはむしろ弱点が見えたという。

「カシメロはドネアとの12ラウンドの死闘を見ても、イノウエのタフネスぶりに感動することはなかったという。むしろ、イノウエがタフな選手なのかどうか自分の目で見て、確かめてみたいという」。記事ではこう記し、さらにカシメロが5日の会見で話した内容を伝えている。

「彼は良い選手だ。俺は彼と戦うにあたって、真剣に準備をする必要があると思っている。だけどイノウエがどれくらいタフな選手なのか見てやろうじゃないか」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集