[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、米メディアが指摘したカシメロ戦の不安材料「このタイミングの対戦は…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日、都内で会見し、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行うことを正式発表した。米メディアは「イノウエに大きなアドバンテージがある」と本命視する一方で「このタイミングでの対戦は悪い」と試合間隔について懸念している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

井上勝利を本命視、一方で試合間隔に懸念の声も…

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日、都内で会見し、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行うことを正式発表した。米メディアは「イノウエに大きなアドバンテージがある」と本命視する一方で「このタイミングでの対戦は悪い」と試合間隔について懸念している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

「ナオヤ・イノウエが4月25日、ラスベガスでジョンリエル・カシメロと対戦する」と特集したのは、米メディア「ボクシングニュース24」。3団体統一戦について「イノウエはカシメロに対してハンドスピードで大きなアドバンテージを有する。もし、日本のスターが頭部かボディショットをピンポイントで着弾できれば、試合はあっという間に終わる可能性もある」と井上優勢とした。

 一方で「カシメロの顎は強い。善戦する可能性もある」と相手の耐久力も評価した上で、井上が昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でノニト・ドネア(フィリピン)との壮絶な激闘により負ったダメージについても危惧している。

「イノウエにとって最も不要なものは、ノニト・ドネア戦のような激闘に巻き込まれることだ。イノウエはあまりに優秀だが、フィジカル的に崩壊することなしにヘビーショットの数々に耐え切れるほど頑強ではないだろう。言い換えれば、イノウエは攻撃できるが、強打を受けることはできない」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集