[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体調不良だったチェン、衝撃の“SP世界最高点”に自画自賛「スケート人生最高のSP」

フィギュアスケートの全米選手権は25日(日本時間26日)、男子ショートプログラム(SP)が行われ、4連覇を目指すネイサン・チェンが国際スケート連盟(ISU)非公認ながら、世界最高得点となる114.13点で首位発進した。全米フィギュア協会は驚異の高さで決めた冒頭の4回転フリップを動画付きで速報するなど驚きは拡散。本人も「人生最高のSPかもしれない」と振り返っている。

全米選手権で首位発進を決めたネイサン・チェン【写真:AP】
全米選手権で首位発進を決めたネイサン・チェン【写真:AP】

全米選手権114.13点で首位発進、大会前は2週間練習できなかった期間も…

 フィギュアスケートの全米選手権は25日(日本時間26日)、男子ショートプログラム(SP)が行われ、4連覇を目指すネイサン・チェンが国際スケート連盟(ISU)非公認ながら、世界最高得点となる114.13点で首位発進した。全米フィギュア協会は驚異の高さで決めた冒頭の4回転フリップを動画付きで速報するなど驚きは拡散。本人も「人生最高のSPかもしれない」と振り返っている。

【PR】20校中14校で採用 新春の駅伝で大流行していたボディメンテ ゼリーって?

 世界王者が異次元のパフォーマンスを見せつけた。チェンは冒頭で高さのある4回転フリップを余裕をもって着氷。5.19点の加点を引き出すと、以降も3回転アクセル、4回転―3回転の連続トーループもミスなく決めた。完璧な演技で叩き出されたスコアは114.13点。非公認ながら世界最高得点だった。

 全米フィギュア協会公式ツイッターは驚異の高さで決めた4回転フリップを動画付きで公開し、米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は大会をレポート。記事によると、エール大学在学中の20歳は二足の草鞋で競技を続けるため、コーチとは3000マイル(約4830キロ)離れた状態でビデオチャットを使いながら、指導を受けていたという。

 困難な状況はそればかりではない。記事では「チェンはまだ本調子ではない。なぜなら、1月にウイルスに感染したので2週間、何も活動ができなかったからだ」と紹介。今月に入って休養期間があり、短い時間で調整することを強いられながら、これだけのハイスコアを叩き出したという。

 さらに、本人のコメントもレポート。チェンは「もしかすると、私のスケート人生の中で最高のSPだったかもしれません。全てを落ち着いて、ペース良くできました。私のやっていることが全て自分でコントロールできているような感覚です」と語り、キャリア最高のSPと自画自賛するほどの出来だったという。

 大会4連覇がかかる26日(日本時間27日)のフリーではさらなるインパクトを残せるか。世界選手権2連覇中の王者の舞いから目が離せない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集