[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、本場・米国で高まる評価 世界王者の気鋭トレーナーが「2019年MVP」選出

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で優勝を果たした。2019年の主役の一人として存在感を示したモンスターに対し、本場米国の気鋭のトレーナー、スティーブン・エドワーズ氏も「年間最優秀選手はカネロとモンスターイノウエ」と断言している。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

世界スーパーウェルター級2団体王者ウィリアムスのトレーナーが高く評価

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で優勝を果たした。2019年の主役の一人として存在感を示したモンスターに対し、本場米国の気鋭のトレーナー、スティーブン・エドワーズ氏も「年間最優秀選手はカネロとモンスターイノウエ」と断言している。

【PR】アスリートをクールにサポート アディダスの新トレーニングウェア「HEAT. RDY」がスゴイ

 モンスターは2019年のボクシング界の主役の1人だった。海外メディアの年間表彰で「Inoue Naoya」の名前は随所に登場。米専門誌「リング」、米「ヤフースポーツ」、米スポーツ専門局「ESPN」などは、ノニト・ドネア(フィリピン)とのWBSS決勝戦は年間最高試合に選出していた。

 それだけではなく、井上を年間MVPに推す声も上がった。WBA、IBF世界スーパーウェルター級王者ジュリアン・ウィリアムス(米国)のトレーナーを務めるスティーブン・エドワーズ氏だ。現役トレーナーながら米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」でコラムを執筆する理論派は、読者からの年間最優秀選手、年間最高試合、最優秀トレーナー、過去10年間の最優秀選手についての質問を受けた。

 するとエドワーズ氏は2部門で「Inoue」の名を挙げている。年間最優秀選手については「カネロとモンスターイノウエ」と2人の受賞を主張。年間最高試合についても井上対ドネアのWBSS頂上決戦を選んでいる。

 米トップランク社と共同プロモート契約を結び、今年は2試合米国で行う契約を結んでいるモンスター。ボクシングの本場米国への本格上陸を前に、現地のトレーナーからも絶大な実力者とお墨付きを手にしている。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集