[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スポーツで伸びる人・伸びない人の差 17歳で日本一、卓球・水谷隼の考えは「負けた後の行動」

卓球で五輪に4大会連続で出場し、東京五輪混合ダブルス金メダルを獲得した水谷隼さんが「THE ANSWER」のインタビューに応じ、ジュニア世代へ向けて「スポーツで伸びる人と伸びない人の差」について考えを語った。17歳で全日本選手権を制し、10代から世界と渡り合い、五輪金メダリストに上り詰めた33歳。成長の裏に負けた試合の後に行ってきた“ある習慣”があった。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

卓球金メダリスト・水谷隼さんが考える「スポーツで伸びる人、伸びない人の差」とは【写真:荒川祐史】
卓球金メダリスト・水谷隼さんが考える「スポーツで伸びる人、伸びない人の差」とは【写真:荒川祐史】

卓球の五輪金メダリストがジュニア世代に贈るメッセージ

 卓球で五輪に4大会連続で出場し、東京五輪混合ダブルス金メダルを獲得した水谷隼さんが「THE ANSWER」のインタビューに応じ、ジュニア世代へ向けて「スポーツで伸びる人と伸びない人の差」について考えを語った。17歳で全日本選手権を制し、10代から世界と渡り合い、五輪金メダリストに上り詰めた33歳。成長の裏に負けた試合の後に行ってきた“ある習慣”があった。(取材・文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 スポーツで伸びる人、伸びない人の差。

 少しでも上手くなりたい、昨日よりも成長したいと、部活やクラブで練習に励んでいるジュニア世代の子供たち。しかし、その中でステップアップしていく子もいれば、そうでない子もいる。両者を隔てる差について「負けた後の行動」にあると考えるのが、卓球の水谷隼さんだ。

 14歳で本場ドイツに留学し、17歳で全日本選手権優勝。五輪金メダルを獲得するなど、卓球界を牽引し続けてきた日本のエース。しかし、どんなスポーツであれ、どんなトップ選手であれ、勝ち続けられる選手なんていない。トーナメントなら優勝者1人を除いて全員が必ず負ける。

 水谷さんも長いキャリアで、その経験をしてきた。「負けた後の行動」が分けるものについて「高校生の頃から感じていました」と言う。

「高校生の時から日本を背負って、世界を舞台に戦う。その頃は失うものがなくて、勝ったら凄いと言われ、負けても頑張ったと言われる。そんな中でも負けたことをしっかりと反省し、次に生かせた時に結果が一番残せたんです。大学に行っても大人になってからもそう。負けた後にイライラしたり、いつまでも引きずったりしては結果がついてこない。勝てば勝手に伸びていくけど、負けた時は気持ちが落ちる。そうなると練習もやりたくなくなるし、卓球が嫌いになったことが何回もあった。負けた時こそ言い訳せず、謙虚に受け止めてイチから練習しようと切り替えた方が成績を残せると思うんです」

7月4日、「エールキャラバン2022」で愛媛・済美高卓球部を指導した水谷さん【写真:荒川祐史】
7月4日、「エールキャラバン2022」で愛媛・済美高卓球部を指導した水谷さん【写真:荒川祐史】

 なかでも、忘れられない「負け」がある。2012年ロンドン五輪。当時23歳、世界ランクは自己最高の5位となり、メダル獲得が期待された大会。第3シードで3回戦から登場したシングルスは4回戦敗退、団体戦も5位と不本意な結果に終わった。

「あの後はふてくされて、卓球から5か月間くらい離れてしまった。気持ちがいったん離れると、別に卓球をやりたいとも思わなくなった。あれだけ好きだったはずの卓球が、負けたことでちょっとメンタルが壊れ、一気に気持ちが離れてしまう。負けた時、そこから逃げ出さず、敗因を追究することがいかに大切か。2012年のロンドン五輪でそういう経験をしたから、2013年の全日本選手権決勝で負けた時はふてくされることなく、自分がもっともっと強くなるためには行動しなきゃいけないと、ロシアリーグに思い切って挑戦しようと決めた。それが、2012年と2013年にあった大きな差です」

 13年全日本選手権の経験から安定した環境を捨て、ロシアで武者修行したことが大きな成長になり、やがて東京五輪金メダルの礎になった。試合にも自分にも負け、成長の機会を無駄にしたロンドン五輪とは好対照。負けた後の行動で未来が変わることを身をもって感じた経験だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集