[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

部活の熱中症対策、始めるべきは梅雨明け前から 人間の体は「約1週間で順化する」

栄養・食事の観点からジュニア世代の成長について指南する、「THE ANSWER」の保護者向け連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」。プロ野球・阪神タイガースなどで栄養サポートを行う公認スポーツ栄養士・吉谷佳代氏が講師を務め、わかりやすくアドバイスする。第28回は「梅雨明け前から始めるべき熱中症対策」について。

第28回のテーマは「梅雨明け前から始めるべき熱中症対策」について(画像はイメージです)
第28回のテーマは「梅雨明け前から始めるべき熱中症対策」について(画像はイメージです)

連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」第28回

 栄養・食事の観点からジュニア世代の成長について指南する、「THE ANSWER」の保護者向け連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」。プロ野球・阪神タイガースなどで栄養サポートを行う公認スポーツ栄養士・吉谷佳代氏が講師を務め、わかりやすくアドバイスする。第28回は「梅雨明け前から始めるべき熱中症対策」について。

 ◇ ◇ ◇

 急に日差しが強くなる梅雨明けは、熱中症が多発する時期です。

 最近は現場をみていても、夏場の水分補給・塩分補給の意識の大切さは、かなり浸透していると感じます。一方、夏を迎えるまでに体を暑さに慣らすことの重要性は、まだまだ意識が低いとも感じています。

 人間の体には、外気温の変化に適応し、体温を一定に保とうとするシステムが備わっています。気温が高くなると体にこもる熱を放散させて体温を下げ、低くなると筋肉を震わせて熱を生む、という具合です。

 しかし、冷房の効いた教室や自宅で過ごすことが当たり前の生活を送っていると、急激な気温上昇に体の調整機能が追いつきません。すると、体にこもった熱を十分に放熱できず、深部体温(脳や内臓など体内の体温)が高いまま維持され、熱中症になるといわれています。

 ですから、スポーツをする子どもたちは、本格的な暑さを迎える前に、暑さに慣れるための「暑熱対策」が必要です。

1 2 3

吉谷 佳代

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

江崎グリコ株式会社で健康食品開発や、スポーツサプリメントの研究開発に従事。その傍ら、多くのアスリート、学生スポーツ、ジュニアへの栄養指導、食育イベントに携わる。2013年に独立。以降、ジュニアからトップアスリートまで幅広い競技の選手に対し、栄養サポートを行う。現在、プロ野球・阪神タイガース、実業団女子バレーボール・JTマーヴェラスのチーム専属栄養士。過去には、シスメックス女子陸上競技部(2015~2020年)、Bリーグ・西宮ストークス(2014~2017年)、自転車ナショナルチーム(2013~2018年)をはじめ多くのプロ選手やジュニア選手の栄養サポート実績を持つ。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集