[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヒリアー紗璃苗が800m制覇! 直線大接戦で意地「倒れても何でもいいから勝とうと」

全国高校総体(インターハイ)の陸上第4日は7日、女子800メートル決勝でヒリアー紗璃苗(3年=明星)が2分6秒04で優勝した。

女子800メートルで優勝したヒリアー紗璃苗【写真:荒川祐史】
女子800メートルで優勝したヒリアー紗璃苗【写真:荒川祐史】

日本選手権4位の実力者が貫禄「行けるか行けないかじゃなく、行くしかないと

 全国高校総体(インターハイ)の陸上第4日は7日、女子800メートル決勝でヒリアー紗璃苗(3年=明星)が2分6秒04で優勝した。

 レースは留学生の1年生ワングイ・エスターワンブイ(興譲館)が飛び出す展開。ヒリアーは5メートルほど距離を取りながら追走し、残り1周のバックストレートで一気にギアを上げた。完全に並んで直線に入ると、ゴール前でわずかに前に出て0秒17差で逆転勝ち。6月の日本選手権4位に入った実力者が意地を見せた。

 レース後は「最後は行けるか行けないかじゃなく、行くしかないと思った。倒れても何でもいいから勝とうと。私のレース的に競ったら勝てると思って、これまでやってきた」と胸を張った。

◇インターハイの陸上は4日から8日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集