[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 【飛込】“東京五輪の星”荒井祭里が圧巻の3連覇達成 2年後は「シンクロは確実に、個人も…」

【飛込】“東京五輪の星”荒井祭里が圧巻の3連覇達成 2年後は「シンクロは確実に、個人も…」

アジア大会を控える“翼JAPAN”の高校女王が圧巻の演技を見せつけた。

甲子園学院の荒井祭里【写真:山田智子】
甲子園学院の荒井祭里【写真:山田智子】

インターハイ女子高飛び込みで荒井が3連覇

 アジア大会を控える“翼JAPAN”の高校女王が圧巻の演技を見せつけた。

 全国高校総体(インターハイ)水泳(飛込競技)が17日、愛知県の日本ガイシアリーナで開幕。第1日目は女子の高飛び込みが行なわれ、甲子園学院(兵庫)の荒井祭里(3年)が3連覇を達成した。

 高飛込は、最大10mの高さの飛び込み台から、回転やひねりなどの技を表現しながら水面に飛び込む。踏み切ってから入水まではわずか2秒弱。一瞬の美しさを追求する競技だ。

 インターハイでは、演技の難易度の合計が制限されている「制限選択飛」4演技と、難易度の制限がない「自由選択飛」5演技の計9演技を行ない、それぞれを10点満点で採点、その合計点で順位を競う。

 小柄な選手が多い競技にあっても、150cm、40kgとひときわ小さい荒井だが、つま先から指先までピーンと伸びた美しい姿勢と、「スピードとキレを意識している」というダイビングは、ダイナミックで力強い。

 どんなに回転数が多いハイレベルな技を行なっても、「ポッ」という乾いた音とともに、真っすぐに水を貫き、水しぶきを立てない。高い得点に繋がる、“ノースプラッシュ”と言われる美しい入水ができるのが荒井の武器だ。躍動感溢れる演技と一瞬時が止まったような静かな入水。この日も、荒井らしい“動と静”の演技で観客を唸らせた。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー