[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「おにぎりとサンドイッチ」はNG? 午後の仕事のパフォーマンスを上げるランチとは

忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。

男性に多い「おにぎりとサンドイッチ」の組み合わせはOK?NG?
男性に多い「おにぎりとサンドイッチ」の組み合わせはOK?NG?

連載「働く人の食事術」―ランチの必須栄養素は“炭水化物×タンパク質”

 忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。

 今日もまもなく昼時。忙しいビジネスパーソンはしっかりと食事を摂り、夕方から夜まで続く仕事も乗り切りたいところ。では、どんな昼食を心がければ、効率的にエネルギーを補給できるのか。午後の仕事のパフォーマンスを上げるランチとは?

 ◇ ◇ ◇

 午後も引き続き高いパフォーマンスを維持する食事の必須栄養素は、“炭水化物×タンパク質”の組み合わせです。

 ランチタイムを迎える頃は、朝食べた食事はほとんど消化されています。脳の栄養が不足しているため、最優先で摂りたいのは「ブドウ糖」。ブドウ糖の材料となるご飯、パン、麺類を食べて、まずは脳に栄養をチャージします。次に必要なのが、腹持ちのよいタンパク質。午後は就業時間も長いため、できるだけエネルギーを持続させるのがコツです。

 手軽さとバランスで考えると、1品だけで“炭水化物×タンパク質”をガッツリ食べられるメニューがおすすめ。まずは牛丼、豚丼、親子丼など、肉を乗せた丼ものや、お弁当。ここに温泉卵をトッピングしてもよいぐらいです。麺類ならば鴨南蛮や肉うどん。パスタはミートソースやシーフード。予算に余裕があれば、野菜サラダや野菜ジュースを追加し、ビタミン類も補給できればなおよし。ビタミン類は食事から摂取した炭水化物やタンパク質を、有効活用する手助けをします。

 野菜はランチタイムに同時に摂れなくてもOK。例えば、午後の小腹のすくタイミングで野菜ジュースを飲めば、脳のエネルギーも補充され、冷たい刺激で心身ともにシャキッとするのでよいと思います。

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集