[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前日本代表HCエディー・ジョーンズ氏が沖縄の高校生に“夢授業”

梅雨が明けたばかりの沖縄の青空に威勢のいい声が響いていた。「イイヨー!」「スバラシイ!」。声の主は、ラグビーイングランド代表ヘッドコーチ、エディー・ジョーンズ氏。前日本代表ヘッドコーチだ。スポーツくじ(toto・BIG)は、6月30日、宜野湾市内の沖縄国際大学のグラウンドで、「GROWING教室」と称し、県内の高校生約50人を対象にしたラグビー教室を開いた。

沖縄県内の高校生約50人を対象としたラグビー教室を開催したエディー氏【写真:松橋晶子】
沖縄県内の高校生約50人を対象としたラグビー教室を開催したエディー氏【写真:松橋晶子】

2011年ワールドカップ日本代表主将の菊谷氏とともに「GROWING教室」に登場

 梅雨が明けたばかりの沖縄の青空に威勢のいい声が響いていた。「イイヨー!」「スバラシイ!」。声の主は、ラグビーイングランド代表ヘッドコーチ、エディー・ジョーンズ氏。前日本代表ヘッドコーチだ。スポーツくじ(toto・BIG)は、6月30日、宜野湾市内の沖縄国際大学のグラウンドで、「GROWING教室」と称し、県内の高校生約50人を対象にしたラグビー教室を開いた。

 豪の母国オーストラリア代表のヘッドコーチを経験し、2007年ワールドカップでは南アフリカ代表に携わり、ワールドカップ優勝を経験。その後は日本代表のヘッドコーチを務めた。2015年ワールドカップでは南アフリカ代表を破り、日本のスポーツ史に残る番狂わせを演じ、大会3勝をマーク。現在、イングランド代表を率いる名指導者が、2011年ワールドカップで日本代表の主将を務めた教え子の菊谷崇氏とともに指導に当たった。

 濃密に過ごした1時間半の指導。ジョーンズ氏と菊谷氏は総括し、選手たちに温かい言葉を贈った。菊谷氏は「常に難しい状況が試合の中にはある。それを自分たちで練習から作らないといけない。特に自分のことを伝えるのは難しい。『声を出していこう』と言い合うことだけがコミュニケーションじゃない。次はどんなプレーをしようと意思疎通が取れて初めてコミュニケーションになる。動きながらのコミュニケーションというものをもっと大事にしていこう」とエールを送った。

 さらに、ジョーンズ氏は「個々が集まって始まり、最後はラグビーのチームワークを見ることができた。コミュニケーションを取り合い、声をかけあった方がラグビーは楽しいもの。君たちの姿勢には感銘を受けました」と短時間で成長した選手たちを褒めた。ただ、ジョーンズ氏にとってもっと大事なことは、この成長を継続させていくこと。「もし、1年後に私が来たら、今日始まった時の状況に戻っているか、今日終わった時の状況から始められるか、どっちだろう」と語りかけた。

「大事なことはもっと成長したい、もっといい練習がしたいと思って取り組んでいくこと。それは本当に難しい。しかし、今日の最後の意識をもって練習への取り組みができれば必ず成長できる。試合を終えたら、すぐに試合を振り返ってたくさん話すことだ。一人ひとりが最低10%は成長していてもらいたい」。こう話すと、2人1組でこの日学んだことを発表するように求めた。得た気付きをアウトプットすることで互いの共有財産とする狙いを込めていた。

エディー氏は短時間で成長した選手たちを褒めた【写真:松橋晶子】
エディー氏は短時間で成長した選手たちを褒めた【写真:松橋晶子】

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集