[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スポーツ名門校か、地元公立校か 神野大地が「潰れるリスク」覚悟し、貫いた高校選び

神野が貫いてきた進路選択の軸「強くなれる可能性を感じた方を選択してきた」

「ちょっとだけ頑張ればクリアできそうな目標を立てて達成し、新たな目標設定を繰り返していくと、振り返ったら一歩も二歩も進んでいる。大きな目標だけを見据えて『ダメだな』『届かない』と思いながらでは、進んだ実感ができずに時が過ぎてしまう。そうした小さな積み重ねで、本当に到達したい大きな目標に近づいていくもの。

 成功体験が人間を一番強くさせる。成功体験を味わえば、やる気につながり、また頑張ろうという原動力になる。自分自身も、人生において『半歩先の目標』を立てて、それを一つ一つクリアすることで、大きな目標を達成してきたような人生かなと今、振り返ってみて思う。だから、自分にとっての『半歩先の目標』は大切と言える」

 中京大中京を経て、青学大に進学した後の活躍はご存知の通り。東京五輪を目指し、9月に控える「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」に向けて調整に余念がない。最後に、神野にとっての「進路選択における軸」は何か聞いた。

「『どうなるか分からないけど強くなれるかもしれない』と『強くはなれないかもしれないけど、安定した環境が得られる』という二択だったら、強くなれる可能性を感じた方を選択してきた。数ある大学から青学を選択したことも、実業団でコニカミノルタを選択したことも後悔はない。それは、中学まで野球をやっていたことも同じ。

 陸上だけだったら、個人競技の世界しか知らなかった自分が団体競技を経験し、高校、大学の駅伝というその後の経験に生きていた。野球をやっていたから今があると思うし、その選択に後悔はない。思うのは人生の節目、節目の選択はもちろん、もし今中学生に戻っても同じように中京大中京を選び、同じ人生を歩むだろうということ」

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集