[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

美しすぎるバレーボール選手の今 パーソナルトレーナーとして歩む“第二の人生”

2019年、東京に自身が経営するパーソナルジム「PERSONS Training Salon」を開業【写真:宮坂浩見】
2019年、東京に自身が経営するパーソナルジム「PERSONS Training Salon」を開業【写真:宮坂浩見】

現役引退~トレーナーとして歩きはじめるまで

 27歳を目前にした夏。引退した滝沢さんは「バレーボール選手」ではない道に一歩踏み出す。

「アルバイトの経験さえなかったので、働くって何だろう?ってところからスタート。ただ、バレーボールに関係する仕事をしたいな、という気持ちはありました。元々、体育の先生になりたかったこともあり、じゃあ、指導者はどうかな、と思って」

 とはいえ、学校の部活動でバレーボールのコーチをするだけでは生活はしていけない。そこで、求人情報を片っ端からチェックすると、バレーボールの個人指導を請け負う会社が目にとまった。「これが仕事になるならいいな」と即応募。面接を通り、採用された。

「当時は本当に一つも社会常識がなく、面接にもTシャツで行きました(笑)。社長と総務の方にも後日、『あれは本当にビックリしたよ』と言われましたね。でも、せっかく元アスリートの方が入ってくれたからと、名刺交換、パソコンの操作、秘書検定の受験まで、社会人として必要なマナーや知識をイチから教えてくれた。これからは、社会人として出発しなければならない。そのことをきちんと教えてくれた2人には、感謝しかありません」

 新しい世界での新たな刺激。仕事も楽しかったが、次第に将来を考え始めるようになり、コーチ業を続けることに迷いが生まれた。

「当時、お付き合いしていた方と一緒に暮らしていたのですが、ゆくゆくはパートナーを養えるぐらいの経済力はつけたい、と考えていたんです。でも、その頃の給料は、一人暮らしを何とかやっていけるぐらい。仕事はすごく好き。でも、自分が描く将来像に近づくには、この仕事を続けていても難しいかもしれない、と思うようになりました」

 同じ頃、女性専用のトレーニングジムをオープンする計画を立てていた知人から、「トレーナーとして、一緒にやらないか」と声がかかる。

「トレーナーと聞いたとき、まるっきり出来ない仕事ではないな、と思ったんです。コーチ業を通じ、人に教えることは好きだし、向いているとも感じていた。今まで自分が経験してきたことにも近い仕事、という印象があったので、チャレンジしよう、と決めました」

 それから3年。ジムのトレーナーとして経験を積み、独立。2019年、東京に自身が経営するパーソナルジム「PERSONS Training Salon」を開業し、第二の人生を、着実に歩み続けている。

「現役引退後、いちばん最初に痛感したのは、『何をしたいのかわからない。何が出来るのかもわからない』ということです。

 一つの競技に打ち込んできたアスリートが第二の人生をスタートさせる際、そのことに直面することが、いちばん大変だと感じます。実際、自分は本当に何も出来ない、と痛感しましたから。

 また、自分が長年、打ち込んできたもの以上に打ち込めるものが見つからない、ということもアスリートのセカンドキャリア形成の難しさです。何か始めてはみても、これではない、つまらない、楽しくない、と、職を転々してしまう人もいます。

 私の場合、移籍するときも引退するときも、指導者の仕事を始めるときもやめるときも、誰にも何も相談しませんでした。迷わずここまで来れたのは、周りに流されることなく、節目、節目で自分と向き合い、自分で選択をし、選択した理由もはっきりさせたことが大きかったのだと思います」

 引退し、7年以上が過ぎた。今担当しているクライアントは、滝沢さんが元バレーボール選手だったことを知らない人も多い。

「これからどうしたいか、ですか? 私は10年後をイメージするより、1歩ずつ進むのが好きなんですよね。今は、1年後、2年後、そのまた先も、ちゃんと地に足をつけて、自分でやっていくために、試行錯誤しながら毎日を進んでいます。

 1日1日、お客さんと向き合い、そのお客さんがまた、私の元にトレーニングに来てくれる。日々のその積み重ねのことしか、考えられないかな」

滝沢ななえ
たきざわななえ 1987年9月22日生まれ、東京都出身。八王子実践中学・高校と進み、高校2年時に春高バレーでベスト8進出。卒業後、V・プレミアリーグ、パイオニアレッドウィングス(2006-2009年)に入団。2009年、V・チャレンジリーグ上尾メディックスに移籍し、2013年7月に現役を引退した。その後、バレーボールスクールのコーチをへてパーソナルトレーナーに転身。2019年11月、東京・六本木にパーソナルジム「PERSONS Training Salon」開業する。2017年、出演したテレビ番組で、レズビアンであることを公表。スポーツ界では数少ない、セクシャルマイノリティであることを公表している一人。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集