[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「プレーする喜び」をいかに伝えるか 町クラブの試合で聞いたユニークな“叫び声”

「プレーする喜び」をいかに伝えるか 町クラブの試合で聞いたユニークな“叫び声”

普段フライブルクで指導者をしている僕にとって、他の地域の子供たちのサッカーを見るのはとても楽しい。それは同じドイツでも、それぞれの地域に、それぞれの特徴があるからだ。サッカー的にもダイナミックさを重視する地域があれば、技術を大切にする地域もある。でも共通して言えるのは、怒鳴り散らす指導者がいない、ということだ。

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」――U-10チームの試合で出会った子供たちの“叫び声”

 先日、日本から研修で渡独されていた指導者の方々と一緒に、ブンデスリーガ1部のレバークーゼンとホッフェンハイムの試合を観戦する機会があった。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)常連クラブながら昨季は不振をかこったレバークーゼンと、一昨季のギリギリ残留から一転、昨シーズンは青年監督ユリアン・ナーゲルスマンの指導の下、CLプレーオフ出場権獲得となる4位に躍進したホッフェンハイムという、対照的な両チームの対決。試合は両者ともにまだ本調子ではないものの、お互いに見せ場を作り合い、結局2-2の引き分けで終わった。見どころの多い試合展開に加え、この日は32度と暑かったこともあり、よく冷えたビールがなんとも美味しかった。

 でも僕としてのハイライトはこの一戦ではなく、この試合前に見た子供たちのサッカーだった。レバークーゼンのホームスタジアム、ベイアレーナから徒歩10分ほどにあるVfLレバークーゼンという町クラブのグラウンドで行われていたU-10チームの試合だ。

 普段フライブルクで指導者をしている僕にとって、他の地域の子供たちのサッカーを見るのはとても楽しい。それは同じドイツでも、それぞれの地域に、それぞれの特徴があるからだ。サッカー的にもダイナミックさを重視する地域があれば、技術を大切にする地域もある。でも共通して言えるのは、怒鳴り散らす指導者がいない、ということだ。

 いない、は言い過ぎかもしれない。ドイツには僕がまだ足を運んだことのない地域もあるからだ。でもドイツに来て16年間、小学生年代でのサッカー現場で子供に喚き散らす大人を僕は見たことがない。

1 2

中野 吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー