[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「リスク覚悟」で起用し育てられた 三河が誇る生粋のPG熊谷航、競技人生を救った兄の涙

アスリートが迎える様々な“はじまりのとき”を、東海地区を拠点に取材するライター・山田智子氏がお伝えする連載「STARTLINE」。第3回は、大学3年でインカレ優勝を飾り、昨年12月に特別指定選手としてBリーグ・シーホース三河に加入した若きポイントガード(PG)・熊谷航が登場。バスケットボール人生の転機と新シーズンに向けた意気込みを聞いた。

ポイントガードの熊谷航【写真:山田智子】
ポイントガードの熊谷航【写真:山田智子】

連載「STARTLINE」―若きPGに訪れたバスケ人生の転機と新シーズンの意気込みに迫る

 アスリートが迎える様々な“はじまりのとき”を、東海地区を拠点に取材するライター・山田智子氏がお伝えする連載「STARTLINE」。第3回は、大学3年でインカレ優勝を飾り、昨年12月に特別指定選手としてBリーグ・シーホース三河に加入した若きポイントガード(PG)・熊谷航が登場。バスケットボール人生の転機と新シーズンに向けた意気込みを聞いた。

【特集】「跳ぶと絶対に笑顔になれる」 第一人者が語るトランポリンの魅力 / トランポリン 廣田遥さん(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 昨シーズン、チャンピオンシップ進出を逃したシーホース三河。今オフは2年連続得点王のダバンテ・ガードナー、日本屈指のシューターの川村卓也ら、実力派の選手を次々と獲得。積極的な補強でバスケファンの話題をさらっている。

 リーグトップクラスの戦力が揃ったとはいえ、個の力だけで勝てるほど甘くないことは昨季痛いほど思い知らされた。選手の個性を高め合い、課題であるチームケミストリーをいかに構築できるか。昨季の後半から先発を任され、「チームを先に進めるために、リスク覚悟で起用して育ててきた(鈴木貴美一ヘッドコーチ)」生粋のPG・熊谷航にかかる期待は大きい。

熊谷航のこれまでの競技人生の充実度を表したグラフ
熊谷航のこれまでの競技人生の充実度を表したグラフ

 熊谷がミニバスのコーチをしていた父親に連れられて体育館に行ったのは3歳の頃。物心つく前からバスケットボールに触れていた。小学1年から父親の指導のもと本格的にバスケを始め、「姉も兄もやっていたし、得点がたくさん入るのが好きだった」と両立していたサッカーを辞めて、バスケに専念するようになる。

 中学は兄と同様、校区外にあるバスケの強豪校に通った。「コーチがめちゃくちゃ厳しかったんですけど、あの頃は無邪気にバスケを楽しんでいました。全中でチーム歴代最高のベスト8にもなりましたし、とても充実していました」と懐かしそうに顔をほころばせる。

「もっとうまくなりたい」と、地元・大分を離れ、群馬の前橋育英へ進学。しかし「高校2年の時に監督が代わったり、色々と悩むことがあって。一時は高校を辞めるくらいまで達しました。色々考える3年間でした」と当時の苦悩を吐露する。

1 2 3 4

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集